カテゴリ:やっぱりAppleが好き( 14 )

iPhone 4sのケースを替えてみた

2年近く使い続けて、すっかり飽きてしまったiPhone 4sのケースを替えた。
今回買ったのはSwitchEasyの製品で、シリコンで出来たケースである。 私が注文したCrimsonカラーは、明る過ぎず暗過ぎない綺麗な赤で、早くも気に入っている。こういうカラフルなシリコンケースも良いものだ。今まで使ってきたXtremeMacの薄いプラスチックケースに比べると、丸みも加わって柔和かつポップに見える。

この際、今まで画面に貼っていたブルーライトカットフィルムも、ついでに剥がし、SwitchEasyに付属のフィルムに替えた。ブルーライトカットフィルムを貼っていると、iPhoneの白い本体が黄ばんで見えてカッコ悪いのだ。ブルーライトカットフィルムは、たしかに目には優しいのかもしれないが、やっぱり貼らないほうが色は自然に見えて良い。

それにしても、もっと早くケースを買い替えれば良かったと反省している。iPhoneのケースなんて衣替えと一緒で、せめて春夏&秋冬で違うものにしたら楽しそうだ。理想を言えば、その日に着ている服の色と日替わりでコーディネートしたら素敵だろう。かなりのオシャレ上級者に見られるに違いない。

まあ、そこまでやらなくても、こうやって時々ケースを替えるだけで、すごくいい気分転換になるものだ。遅ればせながら、今回やっと学んだ次第である。

by raccocin | 2014-04-13 17:12 | やっぱりAppleが好き

Siriに話しかけたら、思わぬ反応が

初めてiPhoneを手にしたとき、音声を認識していろいろ世話を焼いてくれるSiriには驚かされた。ただ、驚いたわりには、Siriの機能を今まで使いこなしてきたかというと、まったくそんなことはない。たまにしか使っていないというが実のところだ。

私がSiriを一番よく使うのは、カップラーメンを食べるときである。お湯を入れた後、いちいち3分測るのも面倒なので、Siriに向かって、「3分後にタイマー」などと命令するのである。すると、「タイマーを3分にセットしました」とSiriが答えてくれるのだ。

先日もカップラーメンを食べる機会があったので、いつものように、「タイマー3分後」とSiriに頼んでみた。そのとき、Siriが、こんな風に返してきたのだ。

e0021059_01050386.jpg

最初は何を言われているのか分からなかったのだが、一瞬間を置いてから笑ってしまった。宇宙からやってきた、あのヒーローのカラータイマーになぞらえていたのだ。私が下す命令が、いつもいつも「3分後にタイマー」ばかりなので、こんなギャグをかましてきたのだろう。

それにしても、Siriがこういうギャグをかますということは、アップルのほうで、「こんな命令が来たら、こう返してやろう」と考え、Siriのプログラミングをしている人がいるはずなのであって、笑うと同時に、そこに感心もしてしまった。

そう言えば、だいぶ前の話だが、ふざけてSiriに「バカ!」と言ってみたことがある。
すると、Siriが「そんなこと言わないでください」と返してきたので思わず爆笑してしまった。すぐに反省した私が「ごめんなさい」と謝ると、Siriは「いいんですよ」と言って許してくれたから二度爆笑だ。

こんな感じで、知らぬ間にどんどん人間味(?)を増しつつあるSiri。みなさんも、ちょっと暇なときなどに、Siriにふざけた命令や質問をしたり、罵声を浴びせてみてはいかがだろうか。思わぬ反応を見せてくれるかもしれない。

by raccocin | 2014-02-11 23:01 | やっぱりAppleが好き

iPod touchを買い替える

iPod touch 16GBモデルを買った。これまで使っていたiPod touch(2010年購入)の調子がだいぶ前から悪いので、今回買い替えたのだ。

元々、iPod touchはMAJIK DS-Iを操作するためだけに使っていたのだが、その調子が悪くなったため、私のiPhoneが家にあるときにしか、NASに入った音源は聴けない状況になっていた。

私がiPhoneを外に持ち出している間に家族が音楽を聴くときは、わざわざCDをブルーレイレコーダーにセットしていたのだ。Mac上のKinskyでもMAJIK DS-Iの操作はできるのだと奥さんには言ったのだが、やはり面倒なようで、そちらは使っていなかった。

いっそのこと私が新しいiPhone 5sを買って、今使っている4sをMAJIK DS-Iのリモコンとして使う案も考えたが、早くiPod touchを買ってきてくれと奥さんにも言われていたので、先日やっと買ったのである。

しかし後になって、5s買替え案だといくらかかるのかが気になり、思わずauショップに電話してしまったのだが。私が4sを一括払いで買ってから16か月なので、このまま使っていれば、あと8か月間、基本料金からの割引が得られるのだが、今5sに替えるとなると、その割引分を手放すことになる。その失われる割引金額と本体(16GB)の実質負担額を合わせると、だいたい3万円になるらしい。

で、今回買ったiPod touch 16GBが22,800円だから、たかだか7,000円の差なんだけどね。なんか失敗したかもと思ったが、お古のiPhone 4sよりも、新品で画面も大きくて綺麗なiPod touchを奥さんに使ってもらうのは、やはり良いことだと思い直した。

それくらい、新しいiPod touchのディスプレイは綺麗なのだ。私の4sは1年4か月使っているうちにディスプレイの鮮度(?)が落ちてしまったのかと思うくらいである。ブルーライトをカットするフィルムを貼ってあるために画面が少し黄ばんでいて、そのせいで色あせて見えるのかもしれないけれど。最近は黄色くならないブルーライトカットフィルムもあるらしいから、貼り替えようか。

新しいiPod touchを触っているうちに、やっぱり5sが欲しくなって買っちゃったりしてね。でも、それはいくらなんでも勿体ないもんなあ。せっかくiPod touch買ったんだし。ここはやはり、2年間の割引期間をまっとうして元を取り、それからiPhone 6を検討することにしますか。

ところで次のiPhoneは、さらに画面が大きくなるという噂を耳にしたこともあるが、そうなると遂に片手では操作できなくなりそうだ。アップルは、片手で操作できるのをiPhoneのひとつの売りにしているはずなのにね。今の5s/5cでも、私の小さな手だと、片手で操作できるギリギリの大きさなんだけど。個人的には、今の大きさのままでいいと思う。

それにしても、遂に出たiPad mini Retinaが欲しくなってきた。これに本や雑誌を入れて持ち歩いたら楽しいだろうなあ。アップルが好きだと言いながら、いまどきiPadも持ってないなんて、どうしたものかという気もするしね。

でも、ゼンハイザーHD598の音がどうしても好きになれないから、ヘッドフォンも買い替えたいしなあ。うーむ。

両方買おうと思えば買えるんだけど、お小遣いはできれば貯めておきたいのだ。独身の頃の私は、金はあると使ってしまうタイプだったが、結婚して子供を持ったりすると、人はこうも変わるのかと思いますね。

でも、こういうときに使わないで、一体何のための小遣いなのか、いや、何のための人生なのかとも思うし(笑)
うーん、今ひとつ煮え切りません。
by raccocin | 2013-11-17 20:24 | やっぱりAppleが好き

iPhoneで読書開始 するとiBookstoreでビッグニュースが

ちょっと前に書いたけれど、最近iPhone依存度がすごく高くなっていて、通勤電車の中でも本を鞄から取り出す頻度が激減していた。こうなったらそれを逆手に取って、iPhoneで電子書籍を読むしかないと言っていた話だが、ほんとにやってみました。

とりあえず、大メジャーなところでkindleアプリをダウンロード、試しに1冊読んでみた。

読んだのは『三四郎』。別に、タダで読めるからと思って古典を選んだのではない。
記念すべき人生初の電子書籍に、しょぼい本を選びたくなかったのだ。それで漱石先生である。『三四郎』はずっと昔に読んだことがあって再読となるが、やっぱり良かったです。さすがです。

で、ちょうど『三四郎』を読み終えたその日の夜、たまたまiPhoneでApp Storeのアイコンを触ってみると、なんと。あのiBookstoreが、遂に遂に、日本語の有料書籍を扱い始めたというではないか。これはビッグニュース! そしてナイスタイミング!

喜び勇んでiBooksアプリをダウンロード、せっかくだからご祝儀にと、1冊買わせていただきました。
買ったのは、澁澤龍彦『エロスの解剖』。私、真面目そうに見えて、実はエロが好きなのです(男はみんなそう?)。とはいえ、澁澤先生が語るエロだから、そんじょそこらの下衆なエロとは一線を画すのだが。

この本、ちょっと衒学的な感じを受けるのも確かだけれど、私のように、いまだヨーロッパ文明に憧れが強い人間にとって、やっぱり澁澤先生はカッコいいのだ。

最初のうち、iPhoneで読む電子書籍は字も小さくて読みづらかったが、三四郎を読み進めていくうちに、案外慣れてきてしまった。

だから、キンドル ペーパーホワイトやiPad miniを買う気がなくなってきた。
今は、miniじゃないほうのiPadを買って、ステレオサウンドなんかを読んだら楽しかろうなあ、なんて考えている。ああいう分厚い雑誌も保管場所を考えずに買えるようになったら、どんなに嬉しいだろうなあ。ムフッ。
by raccocin | 2013-03-10 22:48 | やっぱりAppleが好き

iPhone依存度急上昇すなわち読書量激減?

昨日、WOWOWメンバーズの登録をして、WOWOWメンバーズオンデマンドのアプリをiPhoneにダウンロードしてみた。このアプリを入れると、パソコンやスマホでもWOWOWが見られるようになるのだ。
見られると言っても、すべての番組が見られるわけではなく、スポーツなどの生中継、それとWOWOW側でピックアップした番組がライブラリになっていて、それらが見られるだけなのだが。

で、早速使ってみたが面白い。しかし、こんなものがiPhoneに入っていると、電車の中で映画などを観てしまって全然本を読まなくなってしまいそうだ。私の読書は、ほとんどが通勤の電車の中なので、iPhoneをいじる時間が長くなる = 読書時間が短くなる、ということなのだ。

iPhoneを買う前は、電車の中で長時間携帯をいじっているのはカッコ悪い、やっぱり本を読むほうが知的でカッコいいのだ、なんて思っていたのに。
以前は電車に乗ると、初めにササッとメールをしたり、広島カープの情報収集をしたりした後は携帯を鞄にしまい、本を取り出して読み始める、というパターンだった。

しかし、iPhoneを買ってからというもの、電車内でiPhoneをいじる時間が明らかに長くなっていて、本を読まないまま目的とする駅に着いてしまうことも増えている。

メールにしろサイトの閲覧にしろ、スマホって、いわゆるガラケーとは比較にならないくらい快適なので、ついつい長い時間使ってしまうんだよなあ。でも、そのせいで読書量が激減するというのは、どうしたものか。なんか嫌だね。

と考えていたら、ハッと気が付いた。iPhoneの中に電子書籍を入れればいいんだ。なんと、簡単なことでした。

いつだったか、外出中に食事をしていたら、近くのテーブルにいたおばさんが、こんなことを話していた。
「いまどきの、スマホっていうの? あんなの持っちゃったら、中毒になっちゃうわよね」

私が中毒まで行っているかは分からないが、いずれにしろ、iPhone依存度が飛躍的に上がっているのは間違いない。
それを逆手に取って、iPhoneの中に本を入れてしまえばいいわけだ。あるいは、キンドル ペーパーホワイトかiPad miniを買ってもいいし。iPhoneだと、読書には少し画面が小さすぎる気がするから。いや待てよ、雑誌や写真集のためにiPadを、読書用にペーパーホワイトを買う、というのがベストかな。ムフッ。

まあ、お小遣いの少ないおじさんとしては、まずiPhoneで本を読むところから始めてみますかね(やれやれ)。
by raccocin | 2013-01-20 23:57 | やっぱりAppleが好き

もうすぐiPhone5が出ると知りつつ、4Sを買う でもなんて楽しいんだ

遂に、というか、ようやくスマホデビューしました。

買ったのは、もちろんiPhone。普段Macを使っている私のこと、スマホを買うならiPhone、スマホといえばすなわちiPhone。

もうじき、それこそ下手をすればあと1ヶ月もしないうちに新しいiPhone5が発表されると知りつつ、4Sを買っちゃいました。
発売して時間が経ってるから本体価格も下がってるし、キャッシュバックキャンペーンもあって随分とお買い得だったので。

いつまで待ってもドコモがiPhoneを出してくれないから、今回auに乗り換えた。
元々、私は長いことKDDIのADSLを使っていたので、それをauひかりに変えて、スマートバリューの適用を受けた。だから料金は結構お得。

いやあ、それにしてもイイね、iPhone。もっと早く買ってれば良かった。
よくスマホは小さなパソコンなのだと言うが、たしかに携帯電話を操作しているという感覚はまったくない。

あたかも小さなMacを操作しているような、そんな楽しい気分になってくる。ずっと前から使ってる人からしたら、今頃何言ってんだという感じだろうけどね。

特にびっくりさせられたのがSiriだ。iPhoneに向かって話しかけると、音声を認識していろいろと世話を焼いてくれるのだ。

昔、映画「ブレードランナー」を見ていたら、たしかレプリカントが人間を殺した現場の証拠写真だったろうか(記憶あいまい)、それを主役のハリソン・フォードが検証するシーンがあった。

彼はビデオ端末に向かって、「右へターン」、「そこを拡大」とかいうようなことを指示していた。するとビデオ端末が言われた通りに画面をターンしたり拡大したりするのだ。私はそれを見ていて、「こんなの遥か未来の話だよ」なんて思っていたのだが、ほとんどあれと同じようなことが現実となっているんだからね。いやいや、長生きはするものだ(まだ40代だけど)。

まだ新しいアプリを何もダウンロードしていない初めの状態でこんなに楽しいんじゃ、面白いアプリをいろいろと使い始めたら、どれだけ楽しくなってしまうのかと、なんだか心配になってしまうくらいだ。

いやはや、参りました。iPhone万歳。
by raccocin | 2012-07-29 23:30 | やっぱりAppleが好き

欲しい物はたくさんあれど…

先週は忙しくてブログを更新できなかった。書きたいことはあるのに書けないと、すごくストレスになる。まあ、本当に書く時間がまったくないほど忙しいのかと言えば、そうでもないんだけど。

疲れていて、ついソファにゴロンとしてしまったり、それからプロ野球ニュースをちょこっと見てしまったり。今の時期だと、録画しておいたサッカーのユーロを見たりしてしまう(レコーダーのダイジェスト機能を使って大幅時間短縮)。
それから、こちらの体は空いているのに、家族がMacを使っているせいで書けないときもある。

それで最近ふと考えるのは、iPadでも買って、会社で昼休みに書いたらいいのではないかということ。あれなら鞄の中に入るしね。長い文は打ちにくそうだけど、携帯で書くよりは数段マシだろう。文章の打ちやすさを考えたら、やっぱりMacBook Airがいいかな。でも鞄に入れるには、重さ的にどうなんだろう、とか。

それと、もうすぐiPad miniが出るという噂もあるから、待った方がいいかも、なんてね。
iPad miniを使って電車内で本を読み、自分専用のMacBook Airを持つ、というのがベストかなあ…なんて夢想する。でも、ちっとも話は進展しない。

進展しない理由は、なんといっても先立つものがないということだ。毎月のお小遣いはきれいさっぱりなくなってしまうので、こういう風に欲しい物があっても、なかなか買えないのが悩みの種。

こうなったら、いざというときに備えてとっておいた、独身時代の虎の子定期預金を解約してしまおうか。でもそれをやると、物欲の歯止めがきかなくなりそうで怖いのだ。

今欲しいのは、MacBook Air11インチまたはiPad、次期iPhone、キンドルまたは(もし出るなら)iPad mini、Time Capsule、自動でCDをリッピングしてくれるリッピングサーバ、高音質LANケーブルなどなど。この中で家計からお金を出してもらえそうなのは、せいぜいiPhoneくらいかな。

小さな子供がいて、これからお金がかかるから、できれば自分のお金でなんとかしたい。でも虎の子解約はしたくないというジレンマ。ウ〜ン。

それにしても、いい歳こいて、趣味で欲しい物も買えないなんて情けないね。
若い頃、もうちょっと節約しておけばよかった。昼飯だって、独身の頃は毎日外に食べに行っていたもんなあ。弁当でも買って食べてれば、今頃貯金がウン十万円は余計にあるだろう(理想は、弁当を自分で作ることですかね)。

若者たちよ、こんなおじさんになりたくなければ、将来に備えて貯金をすべし! 今さえ楽しければ良いなどとは、ゆめゆめ考えぬように。人生は長いのだ!
by raccocin | 2012-06-30 23:16 | やっぱりAppleが好き

もうすぐWWDC iPhone 4Sを買うべきか否か

最近、遅ればせながらiPhoneが欲しくなってきている。今使っている携帯は、6年前に結婚したとき買ったもので、そのボテッとしたデザインが時代を感じさせる代物だ。
最近では、電車に乗っていて周りを見渡しても、もう半分くらいの人はスマホを使っているように見える。いい加減、そろそろ替え時かなあ、と思っているのだ。

しかし巷では、来週の11日から始まるWWDCで、iPhone5が発表されるという噂もあるので、どうしたものかと思案してしまう。

WWDCというのは、アップルが開発者向けに開催する会議で、近年ではその場で新型iPhoneが発表されている。ただし昨年出たiPhone 4Sは10月発表だったし、iPhone5も同じように秋に発表されると予想する人も多いようだ。

うーん、どうしよう。噂によると、新型iPhoneは20%もボディが薄くなるという。ディスプレイも3.5インチから4インチになるらしい。しかも、より綺麗になるんだろうな。いいなあ。

でも、仮にWWDCで新型iPhoneが発表されたとしても、少し時間がたてば値段も安くなる。
それに、私のようにドコモから乗り換えるような客に対しては、ショップがキャッシュバックキャンペーンとかを始めたりするので、何ヶ月か待ってから買うような気もしている。最近の私はケチなのだ。

もしも、そうやって少し待ってから買うなら、スマホを手にすることができるのは更に遅くなってしまう。

だったら他のスマホにすればいいじゃん、とは言わないでほしい。私はMacユーザーなので、iPhone以外のスマホなど、まったく眼中にないのだ。

今だったら、iPhone 4Sの本体価格は安くなっているうえに、他のキャリアから乗り換える客に対しては、上述したような割引策をショップが取っているようで、結構お得に買える。

とっとと古くさい携帯とおさらばしたいという気持ちも強いしね。それに、4Sはジョブズが生きているうちに完成された最後のモデルなのだと思えば、それを持っていることは、ある意味記念になるような気もする。

さて、どうしよう。
やっぱり迷いが消えないので、とりあえず来週のWWDCの結果を待ってみようか。もし新型iPhoneの発表がなければ、4Sを買ってしまえばいい。でも、発表されてしまったらどうしよう。きっと迷いは深まるだろうな。
by raccocin | 2012-06-08 23:52 | やっぱりAppleが好き

新しいMacがやってきた

先日、我が家のPowerBook G4がおかしくなった。電源ボタンを押しても起動しないのだ。

実は少し前からこういう現象は時々あった。でも、バッテリーを一度外してから再度取り付け、あらためて電源ボタンを押すとなぜか起動する。この裏技(?)を駆使して、だましだまし使ってきたのだ。

ところが今回はそれをやっても起動しない。修理に出そうかとも思ったが、2年ほど前に、スリープ状態からどうやっても目覚めなくなるという現象があって、そのときに3万円程かけて修理したことがある。もう買ってから5年も経ってるし、今さら修理代をかけてまで使うのももったいない。そうだ、いよいよこれは寿命が尽きたのだ、そう考えた。

ということでMacを買い替えました。
買ったのはMacBook Pro。15インチのやつ。

いや〜、それにしても、やっぱりMacは良いね。
箱を開けた瞬間、奥さんと2人で「綺麗だねえ…」とうっとり見入ってしまった。上品で柔らかい銀色の光をまとったMacBook Proは、ほとんど神々しい。1枚のアルミ板から削り出したユニボディ。まるで未来からやってきた宇宙船のようだ。

素晴らしいのはプロダクトデザインだけでなく、画面を開くとこれがまた綺麗なのだ。
精細感あふれるディスプレイもそうだし、アイコンのデザインなど、こだわらない人にはどうでもいいかもしれない細部まで気が利いているのが憎い。もちろん使い心地も抜群に良い。

ついでだから、私のMac初購入までの道のりを、ちょっと振り返っておこう。

あれは世間を騒がせたiMacが発売された98年だっただろうか、私は初めてパソコンが欲しくなり、電気屋さんに下見に行ったのだ。

Macの売り場とWinPCの売り場を交互に見比べては、「やっぱりMacのほうがカッコいいなあ」と思ったものだ。でも当時のPowerBook G3(独自の曲線美を持った黒いボディが素敵)は30万円の機種と40万円の機種の2つしかなく、手が出なかった。iMacならもっと安かったが、置き場所の関係でノートが欲しかったのだ。

「パソコン欲しいな、でもMacしか欲しくないし。もう少し安くならないかなあ」という時期がしばらく続いた。

99年には貝殻のような形をしたiBookも出た。値段はPowerBookに比べれば手頃だったが、どうしても欲しいという気持ちにはなれなかった。

そして2001年、PowerBookは従来のプラスチックボディのG3から、チタンボディのG4に生まれ変わった。そのときに旧製品となったG3の30万円の機種は、一気に22万円に値下げされた。これに電気屋さんがくれるポイントを考えれば、事実上20万円。

私はやっとMacを手にすることができたのだ。苦節2年半、32歳にして初Mac。

21世紀になってから初めてコンピュータを買ったというと、世間的にはちょっと遅い部類かもしれない。しかし、2年以上もの間にわたって、欲しいという気持ちを抱き続けられたのは、やはりそれが他ならぬ“Mac”だったからだろう。

ただし、その直後にiBookが白くツルンとした姿に生まれ変わったのを見て、「なんだよ今頃」とも思ったけれど。それでもやっぱりPowerBook G3はカッコ良かった。

あれから9年。私は3台目のMacを手にした。買うたびに思う。Macユーザで本当に良かった。
by raccocin | 2010-09-23 12:39 | やっぱりAppleが好き

iPad発売直前そして新しいMacへの渇望

やっぱりiPadっていいのかな。アメリカでは爆発的に売れてるらしいけれど。

iPadっていうのは、要するに画面の大きいiPod touchってことなんだろうけど、その画面の大きさの違いというのが重要なのだろうね。たぶん。

ただ、私は最近、新しいMacBookが欲しくなっている。
今、我が家のパソコンというのは、私が独身時代から使っていたPowerBookG4だけだ。それを夫婦で共有している。

でも、ひとつしかMacがないと使いたいときに使えないこともあるので、時々ストレスを感じる。
おまけに最近、画面に細かい白い点が表れるようになった。一見すると目立たないのだが、色の濃いアイコンの上などだと、縦長のごく細かい白い点が見えるのだ。それがディスプレイ一面に均一に分布している。ひょっとしたら故障の前兆ではないかと心配している。

まあ、そんなこともあるし、買ってから5年経ってることもあるし、MAJIK DS-Iも導入したことだし、そろそろ買い足しませんか、奥様。

新しいMacBookを家計で買って、また2人で共有するのでいいから。
それで古いPowerBookは、CDリッピング&DSコントロールに特化させる。あるいは、妻(夫)がMacBookを使っているときの夫(妻)用マシンとして使うのだ。

それが許されぬなら、なけなしの小遣いをはたいて、私は自分専用のMacBookを買おうかと考えつつある。

今どきのMacのディスプレイは、きっとスゴく綺麗だろうな。今よりもサクサク動くだろうな。イイな、イイな。

どうですか、奥様。ここはひとつ真剣に検討されてみては。
by raccocin | 2010-05-27 23:19 | やっぱりAppleが好き


考えることが好きで、のんびり屋。5歳男児の父。音楽、映画、アート、コーヒー、それにワインを愛します。完全禁煙のお店も好き。


by raccocin

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

タグ

カテゴリ

全体
音楽とオーディオが好き
映画にアートにいろいろ鑑賞
本と雑誌で心の旅を
美味しいもので元気を出そう
何と言っても美容と健康
苦手なくせに外国語が好き
おしゃれ心を忘れずに
やっぱりAppleが好き
住まいとインテリアのこと
応援してます広島カープ
スポーツは観て楽しむもの
日々の雑感または身辺雑記
変な夢を記録する夢日記
見られちゃ困る職場ネタ
モノにならない楽器演奏
騒音は迷惑です

リンク

検索

最新のトラックバック

venuspoor.com
from venuspoor.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..

以前の記事

2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
more...

ブログジャンル

音楽
日々の出来事

その他のジャンル