カテゴリ:住まいとインテリアのこと( 64 )

シロアリについて心配になり、調べてみた

先日、急にシロアリのことが心配になった。いろいろ調べてみたので、忘れないように書いておこう。

事の発端は、我が家にあるベンジャミンの鉢植えである。ベンジャミンは人の背丈ほどもある、ほとんど小さな木といっていいくらいの植物だ。家を買ったときに、住宅販売会社がプレゼントしてくれた。

これを普段は2階のバルコニーに出しておくのだが、寒さに弱いために冬だけは室内に入れてあげるということを、この4年間ずっと繰り返していた。

ところが先日、鉢から白い虫が出てきて床の上を歩いているのを、奥さんが発見した(ギョッとしたらしい)。見てみると、カブトムシの幼虫を小さく細くしたような形状で、気味が悪いのですぐに殺してしまった。しかし、そのとき私は嫌なことを思いついたのである。

この幼虫はともかく、虫と言えば、鉢の中にシロアリが入っていたりすることはないのだろうか、と。一度そんなことを考えだすと、心配性の私のこと、もういてもたってもいられない。

このことに刺激されて思い出したのは、1階の部屋にある床下点検口の真下に、壁クロスが保管してあることだ。家を建てたときのクロス屋さんが、余った壁紙を、補修のときに備えて置いていったものだ。

しかし、シロアリというのは木だけでなく紙も食べるはず。わざわざシロアリのエサになるようなものを床下に置いてあるのは危険ではないのか。どうして今まで気付かなかったのだろう。私はクロス屋を呪いたい気分になった。

そこで先日、新築時に家の消毒をしてくれた業者さんを呼んで、見てもらったのである。

まずは1階から。業者さんは床下に潜って見てくれた。すると、床下はきれいな状態で問題ないとのこと。ホッとした。

壁クロスに関しては、やはり床下に置いておくとエサになるので良くないと言う。
しかし、かと言って、何年も床下に置いておいたものを今さら部屋に上げて保管するのもなんとなく怖い。どこかにシロアリが付いていないとも限らないからだ。業者さんも、絶対に大丈夫とは言えないとのことだった。

そこで私は思いきって、これらの余ったクロスは全部捨てることにした。念のため、既に食べられた跡がないかどうか確認してから捨てた。

そして次は2階である。春から秋までバルコニーに出しておいたベンジャミンの鉢の中に、シロアリが潜んでいたりはしないのか?

気になる点をいろいろ質問攻めにしたので、ここからはQ&Aでまとめてみよう。シロアリが心配な人は参考にしてください。

Q 地面から2階のバルコニーまでシロアリが登ってくることはないのか?
A シロアリはその高さまでは登ってきません。

Q もし羽アリになったシロアリが飛んできて鉢にたどり着いたとしたら、鉢の中で繁殖することはないのか?
A シロアリは地中に潜って巣を作るので、鉢の中に巣を作ることはありません。第一、エサも足りないですし。シロアリは生きた木には付かず、朽ちた木だけを食べます。仮に腐葉土の中に木片が入っていたりしても、それだけでは足りないので自分から出て行きます。

Q そうだとしても、部屋の中に入れた鉢の中に万が一シロアリが入っていたらどうなる?
A シロアリは黒いアリのように普通に床やコンクリートの上を歩くことはありません。光や風を嫌うので、移動するときには必ず蟻道という土のトンネルを作ります。だからもし鉢から出て移動するとしたら、鉢のところから床の上に土のトンネルみたいなものが伸びているのを見ることになります。

Q 他にも室内に置いてある鉢植えが気になるのだが。
A やはり鉢の中には食べるものがないので出て行くでしょう。その際には鉢の下の床が食べられていたりすると思われます。水もないと生きていけないのですが、鉢の中に時々水やりをする程度の水では全然足りないので生きていけません。それに、地面(土)の上に置いておいた鉢ならともかく、2階だったりコンクリートの上に置いてあったりした鉢なら、中に入ることはないでしょう。

Q 万が一シロアリが室内に入り込んだら、何か兆候はある?
A シロアリは5月頃、一部の個体が羽アリになって巣分かれをするので、室内に真っ黒い羽の生えた羽アリが出ます。もしそれが出なければいないと思って構いません。基本的に、鉢の中にシロアリが入っていたために被害に遭ったというのは、聞いたことがないです。私もこの仕事を10年以上やってますけど。

最後に業者さんはこう言ってくれた。

「お家の中の状況を見させてもらいましたけど、シロアリについては安心していいと思いますよ」

というわけで、ようやく安心した私であった。

ベンジャミンは、これ以上余計な心配をしたくないので捨てることにした。
念のため、捨てる前に土の表面を少し引っかき回してみたが、何も出てこなかった。冬の間だけ土の上に敷き詰めておいたウッドチップをひっくり返しても、何も出ず。やはりシロアリはいないようだ。もしいるのなら、エサになる朽ちた木があるのだから、その下からウヨウヨ出てくるはずだ。

それにしても、今回のシロアリ不安で、私はものすごいストレスを感じて疲れてしまった。心配になってから業者さんが来てくれるまでの数日間は、生きた心地がしなかったくらいである。

健康問題に関してもそうだが、私という人間は、死ぬほど心配になっては結局何事もなし、というのを繰り返している。最近ちょっとそれがエスカレートしつつあって、ほとんど病的なところもあると自分でも思うのだが、どうにも止まらないのである。フーッ、本当にやれやれだ。
by raccocin | 2011-04-10 21:21 | 住まいとインテリアのこと

コンセントをいじっていたら、壁の中に何かが落っこちた…

先日、とある装置を購入した私。どんな装置かはいずれ詳しく書こうかと思っているが、とにかくそれはアースにつないで使うべし、とされている。

それで、エアコン用コンセントのアースが余っていたので、そこに装置のアース線をつないだ。
しかし、我が家の電気工事を手がけた電気屋さんは、エアコン用コンセントの位置を測り間違えて、後で取り付け位置を変えてもらった経緯もあり、全幅の信頼をおけるとは言い難い。

「ひょっとして、ちゃんとアースを取っていないのでは」と、私は疑いの念を抱いてしまった。
一度心配になったら止まらない私のこと、早速コンセントのカバーを外して、本当にアースを取ってくれているか確認することにした。私はオーディオが好きで、今までに何度もコンセントをオーディオ用の音が良いやつに交換してきたから、コンセントをいじることに恐怖心がないのだ。

いつも通り、カバーを外してコンセントを露出させる。そして、コンセントを固定するために付いている上下2カ所のネジを外した。コンセントを引っ張って中の配線を見ようとしたところで、おや? となった。コンセントがうんともすんとも言わないのだ。左右に引っ張っても動かないし、手前に引っ張ってもびくともしない。

おかしいと思いつつ、仕方がないので脇に空いていた隙間から懐中電灯をかざして覗いてみた。すると、白、黒、緑の3本の電線が見える。「ほー、ということは、この白黒がプラスとマイナスで、緑のがアースだな」と見当が付いた。

無事アースを取ってあることを確認して安心した私。さて、ではネジを元通りに締めて、原状回復しようとなった。が、しかし。ネジを回しても、空回りしてしまう。あれっ? と思いつつ、ネジを前後に動かしたりしてネジ穴を探っていた、そのときに事件は起こった。

何かが壁の中に落っこちたのだ。カラカラッと音を立てて。私は真っ青になった。
何だ今の音は。何か大事なものを俺は落としてしまったのか。それも壁の中に…。 えーっ! これは何かの間違い、夢であってほしい!

今まで私が交換してきたコンセントでは、こんなことは一度も起きなかったので、私は理解不能な現象を前にして完全に意気消沈してしまった。

しばらくして気を取り直し、とりあえずカバーを元通りに取り付けた。幸い、コンセントは相変わらずガッチリと固定されている(そのこと自体、不可解だったが)。とにかくエアコンは正常に使えるはずだ。

しかも悪いことに、私は夜中にこの作業をしたので、その場で電気屋さんに連絡して事情を説明することもできない。

その日の晩は地獄だった。自分はとんでもないことをしてしまった。心配し過ぎて余計なことをして、かえって心配を増幅させてしまった自分を、私は激しく責めた。

翌日になって、電気工事を手がけた電気屋さんに電話して聞いてみた。
すると、「ネジを止めていた金具が落っこっちゃったんでしょう。安全性には問題ないですよ」とのことだ。ホッと安心する私。

エアコン用コンセントから金具が落ちていく途中で、その下方に付いている通常のコンセントの配線に引っかかったりしていないかという私の危惧に対しても、「配線は全部上から来てますから。そういう低いところを這わせることはしないんで大丈夫です」と答えてくれた。

それで一度は安心したのだが、1週間ほど経つと、またもや疑問が浮かんできた。
「ネジを外したからと言って落下してしまうその金具とは、一体何なのか。どうやって壁にコンセントを固定しているのか」

気になり始めたら、これまた止まらない私のこと、今日、地元の電気屋さんに質問してきた。
経緯を説明すると、電気屋さんのお兄さんは、それは「はさみ金具」であると教えてくれた。

耳慣れないその金具は、C型をしており、横に木(間柱?)が通っていないためにコンセントのボックスを取り付けられないときに使うとのことだ。壁の裏に金具をあてがい、表からネジを締めていって、コンセントを壁に挟み込んで固定するという。そんなものがあるとは知らなんだ。

また、これは慣れた人でも、たまに誤って壁の中に落としてしまうことがあるというから、ド素人の私が知らずに落としてしまったのも仕方がなかったかもしれない。

ネジが外れているのにコンセントが動かなかったのは、今まで強い力で壁に押し付けられていたために、壁クロスにめり込んでいるのだろうとのことだ。もしコンセントがふらふらし始めたら、またはさみ金具で固定すればいいだけのことらしい。

また、下方に付いたコンセント用の配線が床を這わせてあったと仮定して、その上に金具が乗っかっていたとしても問題ない、とお店の人は言ってくれた。

このとき、私がどれほど安心したか、どれほど嬉しくなったかは、心配性でない楽観的な人には想像もできないだろう。

私はもう小躍りしながら家路を急いだのだ。
by raccocin | 2010-11-28 23:53 | 住まいとインテリアのこと

MUJIの家具を買う 段ボール箱がやっと消滅

ふーっ、やっと段ボール箱を家から一掃しました。
今の家に引っ越してきてもう3年が過ぎているのに、引っ越しのとき使った段ボール箱がまだ2つ残っていたのだ。

片付けなきゃ片付けなきゃと思いつつ先延ばしにしていて、今年こそなんとかするぞと年頭に決心した。ところが早くも10月だ。いつまでたってもやらない自分自身に業を煮やした私は、遂に、先日の無印良品週間を利用して、パイン材ユニットシェルフというのを買った。

今日それを組み立てて、やっと段ボールの中身を出すことができたのだ。これを期に不要なものは処分した。
とはいえ、まだ床にいろいろと置いてある物があるので、これも年内にはなんとかしたい。ユニットシェルフにぴったりハマる収納用品を買って、きれいに収まるようにしよう。

ただ、このパイン材ユニットシェルフだが、かすり傷があったり、小さな汚れがあったり、接着剤らしきものが接着面でもない箇所にうっすら付いていたりする。木材に付いた傷をパテで埋めたと思しき箇所もいくつか見える。
それと、棚板を帆立の溝にセットするのには、結構な力が必要だった。

この製品も、ご多分にもれずMADE IN CHINAだ。日本人が作ればこんなことにはならないのに、と思わずにいられなかった。でも安いからしょうがないか。

さて、今回はシェルフの他にも、壁に付けられる家具・長押を買った。ここに神社のお札などを置いて、簡易な神棚として使うのだ。これがなんともまた、意外にしっくりきている。
白い壁に、自然な木の風合いを生かした長押がついているという図は、なかなかカッコいい。本当に神棚に見えてくるから不思議だ。

この壁に付けられる家具シリーズには、他にも棚や箱があるらしい。うまく使うと、のっぺりした壁面に適度なメリハリがついて楽しそうだ。
by raccocin | 2010-10-16 15:06 | 住まいとインテリアのこと

地震保険

今日は珍しく残業せずに、いそいそと帰宅した。なぜかと言うと、地震保険の契約をするためである。それにしても、平日まだ明るいうちに家に帰ってきたら、違和感を覚えてしまった。

さて、私たちが家を買って2年が経過したが、実を言うと、ケチって地震保険に入っていなかったのである。しかし、いつ来るか分からない大地震。だんだん怖くなってきたので、今回、地震保険にも加入したというわけ。

農協の建物更生共済、通称「建更(たてこう)」が良いと知り合いから聞いたので調べてもみた。普通、地震保険というのは、火災保険の補償額の半分しか補償が付けられないのだが、建更は火災と同額の補償が得られるというのだ。

しかし、農協に電話して確認してみたら、今は普通に、火災の半額の補償が最高だと言われてしまった。どうやら補償額が変わってしまったらしい。それにこの商品は、満期金があるとは言いながら、毎年の掛け金がかなり高いのである。

なわけで、私は大手民間損保の保険に加入した。
これで一応はひと安心。

ただ、例えば仮に、建物が「半損」というくらいの大きなダメージを受けたとしたら、実際問題、建て替えざるをえないわけで、しかしそれには今の地震保険の補償というのはあまりに小さい。だからやっぱり心配は心配だけど、入らないよりは良いと思う。

本来ならこういうことは、個人が民間の保険に入って備えるのではなくて、国が面倒を見るべきだと思うけどね。天災なんだから。まあ、地震保険に対しては、国がある程度の責任を負うと聞いてはいるけど。

「いざとなったら国がなんとかしてくれる」という安心感を、この国は与えてくれないのが残念だ。
もう少し税金を上げてもらって構わないから、欧州型の福祉国家を目指してほしいと、最近思ったりする。
by raccocin | 2009-05-26 23:37 | 住まいとインテリアのこと

地デジアンテナを立てる

今日はアンテナ屋さんがやって来た。
先日、新しいテレビを買ったので、遂に地デジアンテナを立てたのだ! ついでにBSアンテナも。

今はケーブルテレビを契約する家も多いだろうが、長い目で見れば、やっぱりアンテナ立てて受信したほうが安上がりである。こんなご時世ですから。

ただ、電波の状況には心配な点がある。
アンテナ屋さんが言うには、我が家から東京タワーの方角にアンテナを向けると、途中に立っているTVKの送信塔から超強力なアナログ電波が飛んでくるのだという。それが悪さをするらしい。

仕方ないので、ランドマークタワーの方からの反射波を狙うことになった。しかし、それでもTBSは映るか映らないかギリギリの線だという。ちょっと心配だ。
なんせ肝心のテレビがまだ来ていないから、測定器で計った数値で判断するしかないのである。

そこで保険として、今使っているVHFのアンテナはそのまま残しておくことにした。
新しいテレビが到着して、無事すべての局の地デジが映るようだったら、後日あらためてVHFは撤去してもらうという段取りである。

もしTBSが映らなかったら、しばらくはアナログ放送を見て、2年後にできる第2東京タワー(東京スカイツリー)に期待するのである。今の東京タワーの倍くらい高い、600メートルの高さから電波を送るようになるらしい。そんなものができるなんて知らなんだ。

でも、映らない局がほんとにあったら、かなりショックだ。
デジタル放送って、映るか映らないかどっちかなんだって。アナログ放送みたいに、映りは悪いけどなんとか映るとか、そういう中間地点がないらしい。

ウ〜ン、早くテレビ来ないかな。ちゃんと映ってくれよ。
by raccocin | 2009-03-29 22:25 | 住まいとインテリアのこと

一年の汚れをきれいに

今日は大掃除をした。私は基本的にきれい好きなのだが、掃除そのものは嫌いだ。だってめんどくさいんだもん。

しかし、面倒なことほど早くやってしまうのが良い。後が気楽だから。
で、いつも通りお風呂を掃除して、次に窓を拭いた。部屋の掃除は奥様担当。
それにしても、一戸建てというのは窓が多くて、こういうときはイヤになる。

それから、家の周りに生えた雑草をむしった。びっくりするほど背の高いやつもあった。もっとこまめに草むしりしないといかんね。

あとは電燈のかさを拭いたり、床のワックスがけをお手伝い。ワックスがけの大部分は奥様がやってくれました。

最後に、恒例のステレオ掃除。
e0021059_21305413.jpg
これらのケーブルのシースを拭いて、端子もクリーニング。
ラインケーブル、スピーカーケーブル、そして電源ケーブル、みんなLINNの
純正だ。

ワイヤーワールドやらキャメロットやらサエクやら、いくつかの他社製ケーブルも試してみたが、どれも一長一短。やけくそで全部純正ケーブルに戻してみたら、それが一番音の座りが良かったというわけ。やれやれ。

e0021059_23332973.jpg
ケーブル、電源関係で、唯一使い続けている他社製アクセサリーがこれ。ドイツ製の巨大電源タップ! 携帯が随分と小さく見える。

クリーニング後に少し音楽を聴いてみたら、ちょっぴり音がフレッシュになった(気がする)。

さて、明日からはのんびりできるかな。
by raccocin | 2008-12-28 21:22 | 住まいとインテリアのこと

お菓子の家

こんなものを作ってみた。
e0021059_2237415.jpg
奥さんがイケアで買ってきた、ジンジャーブレッド・ハウスとかいう代物。お菓子の家の素朴なやつ。

商品箱にある写真を見ると、アイシングで綺麗に装飾が施されているのだが、我々の作品は、このように見るも無残なことに。
題して、「雪解けのパンダハウス」。パンダはスーパーで売っていたお菓子を飾ってみました。

e0021059_22463468.jpg
燭台と、綺麗なブルーのランチョンマットもご購入。
by raccocin | 2008-12-21 22:52 | 住まいとインテリアのこと

我が家がちょっと進化

最近、おウチがちょっと進化したので、一応書いておこう。

まず、先月末に、冷蔵庫がやってきた。
今までは、私が一人暮しのときに愛用していた冷蔵庫を使っていたのだが、いかんせん容量が小さく(160ℓ)、週末に食材をまとめ買いなどすると、中がぎゅうぎゅうになってしまう。それで今回、360ℓ入るやつを買ったのである。

色はダークブラウンで、かすかに木目が入っているという、実にシブい逸品である。これで、まとめ買いした後も冷蔵庫の中はスッキリだ。これは良いモノを買ったと満足している。

それから、3階の2部屋にエアコンを取り付けた。
ウチの3階のバルコニーは2つとも狭いので、どうやって室外機を設置するか悩んだが、なんとか無事に取り付けられた。工事をしたお兄さん2人には、とても頑張ってもらった。「もうちょっとでスパイダーマンになっちゃいそうでした」と言われてしまったくらいである。

壁に2台分のホースをきれいに這わせるのは、スペース的にギリギリだったが、それにしても、まともに設置できて良かった。

さらに今日は、玄関ポーチのダウンライトに、人感センサーを取り付ける工事をしてもらった。人が近付くと、ライトがパッと付くという、アレである。

一日中留守にするときなど、朝から明かりを付けて出掛けると、いかにも今家にいませんと宣言しているようでもあるし、かと言って、明かりを付けないで出掛け、夜になっても真っ暗だと、それはそれで一見して留守のようだし、どうしたものかと思っていた。

でも人感センサーを付けておけば、留守にしていても、周りが暗くなると勝手にライトが付くから助かる。これで、我が家の防犯レベルも、多少は上がったはず。嬉しい。
by raccocin | 2008-09-20 21:32 | 住まいとインテリアのこと

光からADSLへ時代を逆行、そしてKDDIとNTTへの不満

今日は金曜なのに会社を休んで、おウチにいた私。なぜかというと、電話工事の立ち会いをしたからだ。

去年家を買ったのをきっかけに、せっかくだから光デビューしようと思い、KDDIの「ひかりone」というのに入った。
しかし、いざネットを使ってみると、思ったほどレスポンスは速くならなかった。それまでもKDDIのADSLを使ってきたのだが、感覚的には大して変わらないというくらいだ。

で、さほど速度が変わらないのなら料金が安いほうが良かろうということで、このたび、光からADSLへ逆戻りしてしまったのだ。工事のおじさんも、「光からADSLっていうのは珍しいですね〜。逆は多いんですけど」と言っていた。

それにしても、今回の手続き、とても面倒だった。同じ会社でサービスの種類を変えるだけなのに。光の解約&撤収工事とADSLの契約&設置工事は、いっぺんにできないのである。いちいち別に電話をしないといけなかった。

カスタマーサービスセンターの人も、どうすればスムーズに光からADSLに移行できるか、自信を持って的確にアドバイスしてくれなかったし。
光ファイバーが通ったままで、ちゃんとADSLの宅内配線工事ができるのか、その辺が全然分かっていないのである。工事業者から電話がきたら聞いてくれ、と言うだけだ。

その電話がまた、ちっともこないから、水曜の昼に催促したら、夜になってやっとかかってきた始末。金曜に会社を休まないといけないのかどうかが、水曜の夜にならないと分からないなんて、そんなことがあるかね。

平日にしか工事をしてくれないNTTもいけないんだけど。KDDIは土日の工事もやってるから、今日会社を休まないといけなかったのは、NTTのせいなのである。ほんとにもう。

結局、ほとんど一日仕事になってしまった次第。やれやれ。

って書いてたら、またさっき、KDDIから電話がかかってきたよ。
ほんとに、光とADSLは、完全に縦割りで別のセクションがやってるみたいだね。本気で、苦情をどこかに言いたくなるよ、これは。
by raccocin | 2008-05-23 18:00 | 住まいとインテリアのこと

イデーショップヘ

今日は3週ぶりに休めた土曜日。でも疲れが溜まっていて、昼過ぎまで寝てしまった。まあ、その時間まで寝ていられるということがありがたかったけど。

起きてからは、多摩川台公園へ恒例のお花見へ。もう満開の時期は過ぎていて、地面には散り始めた花びらがたくさん。今ひとつ気分の盛り上がりに欠けた。

帰りに自由が丘へ。イデーの旗艦店がオープンしたというのでのぞいてみた。入ってみると、旗艦店という割には、さほど広くはない。
e0021059_20194726.jpg

とはいえ、モダンなデザインの商品がゆったりと展示してあって、冷やかしで見る分にはいい。全体的にお値段は高めで、アッパーミドル以上の人向けという感じ。若い女性が比較的多いこの街にあっては、ちょっと異質な存在に思える。やっぱりこの街には、「私の部屋」とかのほうが、しっくり来るような気がするね。

お高いインテリアを求める人というのは、まずは青山あたりに行ってしまうのではないだろうか。なぜイデーが自由が丘にこの店を作ったのか、ちょっと不思議だった。

店内には本やCDも売っていたので、安藤忠雄先生の『ル・コルビュジエの勇気ある住宅』という本を買った。奥さんはフレンチ・ボッサのCDを購入。
by raccocin | 2008-04-05 22:37 | 住まいとインテリアのこと


考えることが好きで、のんびり屋。5歳男児の父。音楽、映画、アート、コーヒー、それにワインを愛します。完全禁煙のお店も好き。


by raccocin

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

タグ

カテゴリ

全体
音楽とオーディオが好き
映画にアートにいろいろ鑑賞
本と雑誌で心の旅を
美味しいもので元気を出そう
何と言っても美容と健康
苦手なくせに外国語が好き
おしゃれ心を忘れずに
やっぱりAppleが好き
住まいとインテリアのこと
応援してます広島カープ
スポーツは観て楽しむもの
日々の雑感または身辺雑記
変な夢を記録する夢日記
見られちゃ困る職場ネタ
モノにならない楽器演奏
騒音は迷惑です

リンク

検索

最新のトラックバック

venuspoor.com
from venuspoor.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..

以前の記事

2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
more...

ブログジャンル

音楽
日々の出来事

その他のジャンル