カテゴリ:モノにならない楽器演奏( 6 )

恥ずかしながら・・・ベース売却

1年半ほど前に、エレキベースを買った。
かつて、ピアノを数年習ったあげく挫折した私だが、一度、こういう竿物の楽器もやってみたかったのだ。

しかし、楽器を買った途端に仕事が忙しくなり、練習時間を取るのが難しくなった。今回はスクールに習いに行ったりはしなかったから、練習しなければいけないという強制力がまったく無く、それもサボってしまった一因だろう。

そしてなにより、私は、竿物の楽器にうまく馴染めなかった。ちょっとしか練習していないけれど、何か直感のようなものが働いて、これは絶対にモノにならないと確信したのだ。ならば、さっさとお別れしたほうがすっきりする。
実際には、やはり多少の未練があり、さっさとお別れというわけにもいかなかったが、遂に今日、石橋楽器に行って買取ってもらった。

もう楽器をやるのは諦めようかと思う。
たまに遊びでピアノを弾いたりはするかもしれない。例えば、エルトン・ジョンの“Your Song”とか、キャロル・キングの“You've Got a Friend”なんかを聴いていると、「この曲弾いてみたいな」と思うことがある。まあ、やるとしてもその程度になるだろう。

楽器を売ってしまい、ちょっぴり淋しい気もするが、その一方で肩の重荷を下ろしたような解放感があるのも事実。実際問題、社会人になってから新たにバンドを組んで、定期的に練習を積み重ねるというのは、並大抵の努力ではできないはずだ。

それに、プロの音楽家がやっている良い音楽をたくさん聴きたいし、映画も観たいし、本や雑誌も読みたい。野球だってサッカーだって観たい。そういう欲張りな私だから、この結末は、ある意味必然だったような気もしている。

これからはまた、聴くだけの気楽な音楽ファンに戻ろう。
by raccocin | 2010-02-14 22:51 | モノにならない楽器演奏

エイト・ビートの練習

3ヶ月ほど前にベースを買った私。しかし、楽器を買った途端に仕事が忙しくなってしまい、思うように練習できていない。せいぜい土日、いや、日曜しか練習しないこともよくある。

だから、いまだにテキスト3日目の「エイト・ビートのパターン練習」をやっているというていたらく。でも、エイト・ビートのリズムを刻んでいると、それなりにベースらしい雰囲気が出るので、楽しくなってくる。

それから、テキスト上は5日目に出てくるツー・フィンガー・ピッキングは先取りして、もうやっている。だって、ベースって、ピックを使わずに指で直接弾くほうがカッコいいと思うから。でも、ビートを正確に刻もうとすると、ピックを使ったほうが楽だけどね。

テキストばかりやっているのもつまらないので、今日はU2の"With Or Without You"のベースラインを真似してみた。あれって、素人の耳にも簡単そうにきこえるでしょ。

でも、あんな簡単そうなフレーズでも、滑らかに弾くのはやっぱり難しかった。それに、音の粒を揃えるのも意外と難しいんである。もっと若い頃からやってれば良かったな〜、と今頃になって後悔している。

正直、ベースがモノになるかどうかは怪しいところだが、なんせ金のかからない独学だ。まずは気楽に続けていけばいいと思っている。
by raccocin | 2008-09-07 18:16 | モノにならない楽器演奏

教則本でベース練習開始

先日、エレキベースを買った私。かつてピアノを買ったときは、初めから真面目にヤマハ音楽教室に通ったが、今回は、とりあえず独学でいくつもりでいる。

ことロックというジャンルに関しては、独学の人がほとんどだと思う。アカデミックな教育を受けた人のほうが、はるかに少ないだろう。たとえプロでもだ。ましてや遊びでやろうという私のようなのは、独学で十分のはず。

しかし、教則本もなしに練習するのも辛いので、ベースを買ったイシバシ楽器渋谷店に行って、『10日間で弾けるロック・ベース』(シンコーミュージック)なるものを買ってきた。
本当に10日間で弾けるようになるわけないけどね。まずは1日分を3回くらい繰り返してやってみようかと思う。

しかし、いざやってみると難しいね〜。テキストの1日目は、すべて開放弦で、右手のピッキングの練習をするのだが、正確なリズムでピッキングするのさえ上手くいかない。弾いていない弦を左手でミュートするのも意外に難しい。

平日は疲れていて楽器に触れない日もあるけれど、あせらずコツコツやろうと思う。
by raccocin | 2008-06-22 22:21 | モノにならない楽器演奏

遂にベース購入!

いやいや、遂に買ってしまいました。
e0021059_22511655.jpg
ゲットしたのは、フェンダージャパンのAJBというやつ。エアロダイン・ジャズベースの略である。ジャズベースといっても、別にジャズ専用の楽器というわけではない。

フェンダーのエレクトリックベースは、まず初めにプレシジョンベース(略してプレベ)というのが開発され、後に、さらに多様な音楽に対応できるようにということで出てきたのがジャズベース(略してジャズベ)なのである。

店員さんに弾き比べてもらった音の印象からすると、プレベのほうが太くて好みなのだが、こちらは音だけでなく、ネックもジャズベより太い。しかし、私は手が小さいので、ネックがより細いジャズベのほうが弾きやすかろうということで、買うのはジャズベに決定。

最初は、JB62という、62年に開発された機種を基にしたものを買おうかと思っていた。昔からあるモデルをベースにした製品だから、安心感がある。

しかし、いろいろと見ているうちに、AJBのほうがデザインがカッコいいと感じたのと、JB62よりも音が太くてプレベに近いのが良いと思い、こっちにしてしまったのである。

色の選択肢は、白,黒、赤、青、グレーとバリエーション豊か。本当に迷ったが、結局、黒にした。最終的には黒と赤で迷ったので、構えた姿を鏡で確認してみたら、黒のほうがしっくりきたので決めた。店員さんが弾いてる姿もカッコ良かったし。

他にもアンプ、チューナー、シールドを買って帰宅。真新しいベースを背負って歩いていると、不思議な気持ちになった。俺、ほんとに買っちゃったんだな、という感じだ。

ちなみに、費用の大半は家計から出してもらった。奥様には感謝である。本当にありがとう。
by raccocin | 2008-06-14 23:12 | モノにならない楽器演奏

再び、ベースのこと

先日のベースの話の続き。

渋谷のクロサワ楽器に行ったら、ギブソンの中古ベースがあって、店員さんが薦めてくれた。定価20万ほどのものが89,000円だという。状態は極上とのこと。
名前は、Les Paul Money Bassというらしい。なぜ"Money"なのかは店員さんも知らないそうだ。なんか金運が向上しそうでいいけどね。

このベース、まずデザインが綺麗で感心したし、音もリッチな感じで悪くないと思った。しかし、やはりセカンドオピニオンというか、他の店の人の話も聞いてみたかったので、ひとまずクロサワ楽器を退散し、KEYへ移動。

ここのお兄さんに話を聞くと、これから始めるならギブソンはあまりお薦めしないという。第一、ギブソンをメインで使っているベーシストというのが少ないらしい。
「クリームにいたジャック・ブルースくらいじゃないですかね〜」とのこと(ほんとかな?)。

むしろ、フェンダー・ジャパンのものが、同じフェンダーのUSAより値段もお手頃で良いのではないかと言う。なにより、エレキベースというものを初めて作ったメーカーだし、その後のエレキベースというのも、これを基本として発展したらしい。

フェンダー・ベースの外観は、我々が見慣れたエレキギターのストラトキャスターとよく似たもので、まあ無難と言えば無難である。値段も新品で6万円台からある。たしかに、お手頃。

極端な話、私はフェンダーとギブソンしか知らなかったから、ギブソンがさほど広く使われていないというのが本当ならば、とりあえずフェンダーを買っておけば、たしかに安心感はある。

参考までに、かつてギターをやっていた友人に尋ねてみると、やはりベースはフェンダーのほうが良いという。同じくギターをやっていた義理の姉にも聞いてみたら、ギブソンはギターが優れているのであって、ベースならフェンダーのほうが薦められるとのこと。

というわけで、フェンダー・ジャパンのものが私には適しているのかもしれないと思いつつある。
by raccocin | 2008-06-14 10:31 | モノにならない楽器演奏

「美しすぎる母」、そしてベースのこと

今日は会社をお休みして、渋谷へ。ル・シネマにて「美しすぎる母」を観た。

この映画、息子に殺された母親の実話をもとにしているそうな。
まあ、私は別に、母親を殺した息子の精神分析をする気はさらさらなく、単にジュリアン・ムーアがまあまあ好きなので観ただけなんだけど。

しかし、この人も歳をとった。顔にしろ腕にしろ、シミだらけ。
たしか谷崎潤一郎先生が、「西洋の女性は、遠くから眺める分には非常に麗しいけれど、近くに寄って見るとがっかりする」みたいなことを昔書いていたと思うが、それを思い出した。

ちなみにこの日の観客、「美しすぎる母」ならぬ「醜すぎるババア、ダサすぎるオヤジ」ばかりで、げんなりした。

さて、映画の後は、クロサワ楽器へ。
近頃、なにか楽器をやりたいと思っているのだが、もしやるとしたら、ベースかドラムがいいかと考えている。

理由としては…

1.ロックでよく使われる楽器がいい。

2.40歳になってからギターを始めても、モノにならないのは目に見えている。

3.キーボードはそれほどやりたくない。

ということ。

ほんとは、ドラムが向いていると思うんだけどね。
私、基本的なリズムに簡単なおかずを加えるくらいなら、たいして練習しなくてもできるのだ。かつて、ギターをやっている友人とスタジオに入り、遊びでセッションしたこともある(ちょっと自慢)。

が、しかし。

1.ドラムは自分の楽器が持てない。生のドラムセットなど叩いたら近所に大迷惑。

2.買うとしたらVドラムのようなものになるが、それにしても邪魔くさいし、夜中に叩けば、ヘッドフォンをしていてもそれなりにうるさいはず。

3.コード進行などがまったく分かっていないというコンプレックスは付いてまわる。

なわけで、ベースがいいかと思っている。

なんのことはない、単なる消去法である。
でも、ベースの音はけっこう好きだから問題はない。
本当にやるかどうかは怪しいけど。
by raccocin | 2008-06-09 23:12 | モノにならない楽器演奏


考えることが好きで、のんびり屋。5歳男児の父。音楽、映画、アート、コーヒー、それにワインを愛します。完全禁煙のお店も好き。


by raccocin

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

タグ

カテゴリ

全体
音楽とオーディオが好き
映画にアートにいろいろ鑑賞
本と雑誌で心の旅を
美味しいもので元気を出そう
何と言っても美容と健康
苦手なくせに外国語が好き
おしゃれ心を忘れずに
やっぱりAppleが好き
住まいとインテリアのこと
応援してます広島カープ
スポーツは観て楽しむもの
日々の雑感または身辺雑記
変な夢を記録する夢日記
見られちゃ困る職場ネタ
モノにならない楽器演奏
騒音は迷惑です

リンク

検索

最新のトラックバック

venuspoor.com
from venuspoor.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..

以前の記事

2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
more...

ブログジャンル

音楽
日々の出来事

その他のジャンル