<   2007年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

美しきKNAPPA

イケアで買ったKNAPPAちゃん。ステキ☆
e0021059_18194257.jpg

by raccocin | 2007-04-30 23:25 | 住まいとインテリアのこと

気合いで処分

実家に置きっぱなしにしていた本、雑誌、CDを、ようやく新居へ運び込んだ。

長年愛用してきたスライド書棚は、あえて持ってこなかった。たしかにたくさん入って便利だけど、デザインもイマイチだし、あまり重い物を置いて床がおかしくなるのが心配だったし。

これからは、本も雑誌もCDも、普通の棚に収まる量しか持たないことにしよう。
今回、CDはすべて持ってきたが、本と雑誌は半分にまで減らした。私の場合、CDは繰り返し聴くことも多いからともかく、本や雑誌は、一度読んだらそれっきりになることがほとんどだからだ。

「持っていれば、いつかは読むかもしれない。この本(雑誌)のここだけは時々読みたい」なんて言って、なかなか捨てられないのが本好きだと思う。しかし、今回は良い機会だと思って、エイヤッ! と気合いで処分したんである。

さて、あとは本棚とCDラックを買わないと。とりあえず通販で探してみるか。それとも、またイケアにお世話になるかね。
by raccocin | 2007-04-30 17:34 | 住まいとインテリアのこと

これで買い替えても安心

いよいよ黄金週間の始まり。といっても、遠出の予定は無し。ウチでまったり過ごすかね。

ところで、今日は水道屋さんがやって来た。
洗濯機の水栓位置を変えてもらったのである。内覧会のときは気付かなかったが、いざ洗濯機を入れる段になって、ギョッとした。「この蛇口、少し低くない?」

計ってみると、床から給水口までの距離が105センチしかない。今使っている洗濯機は余裕で入るけど、今度買い替えるときはヤバいのでないか。

各社の洗濯機カタログを調べてみると、いやな予感が的中。今時のドラム式洗濯機は高さが100〜105センチくらいある。これを防水パンに乗っけたら、このままでは絶対に給水ホースが取り付けられない。なんてこった!

頭に来たので、分譲会社に文句をつけて、このたび無償で工事させたんである。水栓を今よりも20センチほど高い位置に変えてもらった。

工事は意外とすんなり終わった。これでひと安心。今後、洗濯機の背が際限なく高くなっていくなんてことはないと思うから、次に買い替えても入るはず。よかった、よかった。
by raccocin | 2007-04-28 16:12 | 住まいとインテリアのこと

またもや歓送迎会

今宵は係の歓送迎会。なんと5時50分にJYU中目黒店へ入店。だって6時前に宴会始めると飲み放題がタダなんだもん。幹事を務める私としては、重要なポイントである。

お料理は、焼タラバ蟹、初鰹のガーリックオイル、かき揚げ、筍の釜飯などなど。みな美味しくいただきました。

昨年度は1度もやらなかった2次会に誘ってみたら、意外と人が付いてきた。やっぱり幹事の人望かね(ウソウソ)。

去年の幹事さんは、金曜日はみんなプライベートで用事があるかもしれないとか気を遣って、木曜あたりにやっていたんである。でもそれだと、2次会に行くのはちょっとためらってしまうかも。なんだかんだ言って、宴会やるなら金曜が気楽で良い。

家に帰ってから、インスタントラーメンを食べてしまった。飲んだ後のラーメンって、なんでこんなに旨いんだろう☆
by raccocin | 2007-04-27 23:59 | 美味しいもので元気を出そう

俊輔への小さな苦言

中村俊輔選手、この度のスコットランドリーグMVP受賞は実にめでたいにしても、受賞スピーチの映像を見ていて、私は思ってしまった。「なんだ、日本語でか〜」

2年も向こうにいるんだから、ここはやはり英語でスピーチしてほしかった。
これがインタビューみたいに、何を質問されるかわからないという状況ならともかく、スピーチなんて前もって内容を考えて練習しておけるのだから、余計にそう思った。

通訳のほうをチラチラ見ながら日本語でやるのと、たとえ紋切り型でも英語で堂々とやるのとでは、全然違うでしょ。

その点、中田ヒデはイタリア語で堂々とインタビューもこなしていたものな。宮本だって、オーストリアのチームへの入団会見を、いきなりドイツ語で行っていて、場内の拍手を浴びていた。まあ、私も人のこと言えるほど英語(外国語)できないけどさ。

ところで、スコットランド人の発音って独特らしい。村上春樹がロンドンでタクシーに乗ったとき、「スコットランド人って、何言ってんだかよく分かんねえんだよな。日本人の発音のほうが、よっぽど分かる」みたいなことを運転手に言われたらしい。

私自身、セルティックの監督のインタビューをちらっと聴いたことがあるが、何を言ってるのか全然分からなかった。元々、英語リスニング力が超弱い私だからというのがあるにしても、ふつう、日本語の字幕が出ていたら所々は分かるものだ。それなのに、ほとんど聴き取れないのである。やっぱり、ほんとに独特のアクセントなのかもな。

ちょっと話が逸れてしまった。
要するに、俊輔よ、もし来季もセルティックに残留するのなら、英語でインタビューをこなす姿を見せてくれ!
by raccocin | 2007-04-26 23:24 | 日々の雑感または身辺雑記

MVP、その名はNAKAMURA

中村俊輔がスコットランドリーグのMVPに選ばれた。エラい! スゴい!
彼がイタリアで3年間プレーしてからスコットランドに渡るとき、あるメディアはこんな風に言っていたっけ。

スコットランドリーグなんて、セルティックとレンジャーズ以外のチームはJリーグ以下だから、行ってもしょうがない。もし意味があるとしたら、チャンピオンズリーグに出られる可能性が高いことだ、と。

上にあげた2強以外のチームが本当にJリーグ以下なのかは知らないが、それにしても、なにはともあれMVPである。そして、メディアもその大きな意味を認めていたチャンピオンズリーグで見せた、美しいフリーキックによる2つのゴール。しかも、それはマンU相手に決めたもの。

それだけのことをやってのけた日本人が、かつていなかったことだけは確かだ。

セルティックは、これまた俊輔の華麗なるゴールで、2年連続のリーグ優勝を決めた。来季のチャンピオンズリーグも、またまた楽しみになった。

俊輔よ、おめでとう! 本当におめでとう!
by raccocin | 2007-04-24 23:45 | スポーツは観て楽しむもの

しばしのお別れ

パワーアンプが故障してしまった。故障したと言っても、電源スイッチの具合が悪くなっただけだけど。ちなみに、使っているのはLINNのLK140。使い始めてもうすぐ6年になる。大事に使ってます。

で、症状としては、電源スイッチをオフにしてもLEDが付いたままになるというもの。つまり、電源が切れなくなってしまったのだ。電源スイッチ切ってるのに、なぜか音が出てしまう。
少し前から症状はあったのだが、自然に治るかもしれないという淡い期待をしつつ、放ったらかしにしていたんである。しかし、やっぱり自然に治るはずもなく、修理に出すことに。

故障の症状を説明した紙に、「28日(土)までに返却いただけると、大変嬉しいです」と付け加えておいた。せっかくのゴールデンウィーク、少しは腰を落ち着けて音楽を聴きたいから。

さてさて、ちょっと心配していた音は、引越当初に比べれば、少しずつ少しずつ改善しつつある。まず低域がしっかりしてきた。まだ中域が薄いのは否めないが、ソフトによってはあまり気にならないレベルだ。

と言っても、特に何か対策を施したわけではない。引っ越し直後なんて、ヘタにいじらずに静観しているほうがよい、そう思って放っておいたら、やっぱり良くなってきた。

いじることの面白さこそオーディオの醍醐味、というオーディオファイルも多いとは思う。でも、いじらないことの大切さというものも、確実に存在する。そのことを、私はこの数年で学んだ。

な〜んて言って、これで修理から戻ってきたら、また音が変わっちゃってたりして。でも、それも一興かね。とにかく、LK140君とは、しばしのお別れである。早く帰ってきてね。
by raccocin | 2007-04-21 23:48 | 音楽とオーディオが好き

オヤジも好きな自由が丘

自由が丘にある鳥へいを初訪問。

一般には、「自由が丘=若い女性の街」というイメージがあるかもしれないが、どっこい、この焼き鳥屋さんは、オヤジ滞在率が非常に高いお店。1階はカウンター、2階は座敷で、とりあえず座敷のほうへ。

メニューを見ると、これがリーズナブル。焼豚1串100円〜、焼鳥1串130円〜。サワー類も400円〜と、これまたお安い。

焼鳥&焼豚も旨かったが、フライドオニオン、焼おにぎりなど他のメニューもなかなかの美味。店の雰囲気もサービスも、飾らない素朴な感じが良い。実は「オヤジにも優しい自由が丘」だったのね。この店がある短い通りには、他にもオヤジ好みの焼き鳥屋、つけ麺大王などが軒を連ねている。

そして近くには、なんとピンサロまであるのだ! 自由が丘にピンサロがあるのを、あなたは知っていたか!? いや、知らなくてもいいけどさ。

とにかく、自由が丘の庶民的な一面を発見し、新鮮な夜であった。この街には3年住んでいたが、この近辺は通り過ぎるだけだったのだ。なんか損してたかも。
それにしても、オヤジがどうしてこういう店が好きなのか、だんだん分かってきたわ。私も、そういうお年頃なんだね。

ちなみに場所は、正面口を出て右にクルッと回り、スタバを左に、その先をすぐ右に入る。ここの界隈だけ、異次元ワールドが広がっている感じ。自由が丘に立ち寄ったときは、ちょいとのぞいてみてほしい。


* ピンサロは既に閉店したようです。また、鳥へいもその後ビルの建て替えがあり、2階はテーブル席になっています。(2012/11/23追記)
by raccocin | 2007-04-20 23:59 | 美味しいもので元気を出そう

こんにちはパスモ、さようならスイカ

遅ればせながらパスモを買った。
パスモが予想を上回る売れ行きで、しばらくの間、定期券一体型を除いて発売延期になっているのは周知の通り。なわけで、私が買ったのはパスモ定期券。駅の券売機で、磁気定期券から簡単に切り替えられた。便利な時代だね〜。

かっこいいパスモ定期券を定期入れにしまって、早速改札を通ろうとすると……。
あらっ、通れない。タッチの仕方が悪かったかと思い、再チャレンジ。しかし、また通れない。画面を見ると「枚数超過です」とのエラーメッセージが。なんのこっちゃ。

駅員に確認して分かった。
定期入れの中にスイカが入っていたのがまずかったのである。そうか、定期入れの中にしまってあるスイカにも反応しちゃうのか。けっこう感度がいいんだね。
そこでスイカを抜き去り、もう一度タッチ! なんなく通過(当たり前)!

もうスイカはJRに返すことにした。
by raccocin | 2007-04-18 23:37 | 日々の雑感または身辺雑記

モディリアーニ、ブラッスリー、そしてコーヒーテーブル

「モディリアーニと妻ジャンヌの物語展」をBunkamuraザ・ミュージアムにて。

美術館へ行くのは久しぶり。館内に入ると、さっきまでの渋谷の喧噪は嘘のようだ。美術館特有のこの静けさ、結構好きである。モディリアーニの絵自体は、実を言うとそんなに好きなわけではないけど。

モディリアーニの作品と並べて、その妻ジャンヌ・エビュテルヌの作品もかなりの数が展示されていた。妻へのモディリアーニの影響はやはり感じられて、特にデッサンについては、作者名がなければモディリアーニの作品と見紛うものもあった。

さほど好きでない画家の展覧会だったが、総じて意外と楽しめた。
ただ、夭折した夫の後を追って、妻が投身自殺した、という愛の結末が悲しかった。

しかし、悲しかったなどと言ってみても、近くにあるヴィロンというブラッスリーに入って美味しいものを食べたら、さっき抱いた同情のかけらは、見事に消え去ってしまった。所詮こんなものか。

帰りにFrancfrancに寄って、ガラスでできたコーヒーテーブルを買った。配達は来週。さらにお部屋らしくなるのが楽しみだ。
by raccocin | 2007-04-14 23:30 | 映画にアートにいろいろ鑑賞


考えることが好きで、のんびり屋。5歳男児の父。音楽、映画、アート、コーヒー、それにワインを愛します。完全禁煙のお店も好き。


by raccocin

プロフィールを見る

ブログパーツ

タグ

カテゴリ

全体
音楽とオーディオが好き
映画にアートにいろいろ鑑賞
本と雑誌で心の旅を
美味しいもので元気を出そう
何と言っても美容と健康
苦手なくせに外国語が好き
おしゃれ心を忘れずに
やっぱりAppleが好き
住まいとインテリアのこと
応援してます広島カープ
スポーツは観て楽しむもの
日々の雑感または身辺雑記
変な夢を記録する夢日記
見られちゃ困る職場ネタ
モノにならない楽器演奏
騒音は迷惑です

リンク

検索

最新のトラックバック

venuspoor.com
from venuspoor.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..

以前の記事

2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
more...

ブログジャンル

音楽
日々の出来事

その他のジャンル