<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

チーズケーキをつくる

MUJIの「自分でつくる ベイクドチーズケーキ」を奥様と一緒につくってみました。
e0021059_21334685.jpg

シフォンケーキに続いて2度目の「自分でつくる」シリーズ挑戦だが、またもや簡単にできた。

個人的には、添付のアプリコットソースを表面に塗る必要がないくらいの甘さがケーキ本体にあれば良いと思う。
とはいえ、自分で作ると面白いし、まあそれなりに美味しいしで、また買いたくなった。

ちなみに、お皿はビレロイ&ボッホのもの。
by raccocin | 2010-01-31 21:48 | 美味しいもので元気を出そう

子ども手当について考える

野田財務副大臣が、11年度から予定していた子ども手当の満額支給(一人当たり2万6000円)について、「ハードルは高い」とか言ったそうだ。11年度についても、10年度と同じ1万3000円で様子を見たいとのこと。

しかしまあ、「ハードルは高い」って言われたって、そんなの当たり前じゃん、と思ってしまう。
消費税をたったの5%しか取らない国で、いきなりヨーロッパの国と同水準の給付をしようということ自体、無理に決まっているではないか。しかも国の財政は大赤字なのだ。

週刊社会保障No.2553に〈再度「子ども手当」を考える〉という論評があったので引用させてもらおう(上智大学 増田教授)。

《これは、現在の西欧諸国と比較をしてもトップクラスの水準である。西欧諸国の場合には、高い給付水準を維持するための負担として、フランスのような事業主拠出金制度や高い消費税率が存在するが、日本の場合、新規財源を求めずに一挙に給付水準を西欧諸国以上にもっていこうとするから、さまざまな点でひずみが生じることとなる。
 まず、子育て支援分野では、喫緊の課題となっている待機児童解消を図るための保育サービスの充実や、母子家庭・父子家庭への支援策等への財政拡大が制約される。国の予算全体をみても、たとえば将来の日本にとって極めて重要な教育・科学振興費の予算が全体で5.3兆円(21年度予算)のときに、子ども手当のみに5.3兆円も貴重な国税収入を充てることは全くバランスを欠くものと言わざるを得ない》

まったくもう、もっと前に消費税を上げておけば良かったのに。
選挙に負けるのが怖くて、消費税率を上げることができない日本の政治家を見ていると、情けなくなってくる。
その点は、まだ自民党のほうが良かった。時期を見て税率を上げたいと麻生さんも言っていたのだから。

むろん、消費税率を上げさえすればなんとかなるとも言いきれないが、もっと福祉のまともな欧州諸国と比較して著しく低い税率でもかまわないというなら、その根拠を示してほしい。

日本は、まれにみる速度で高齢化が進んでいる国なのだから、消費税率アップは避けられないことだと思う。無駄遣いをなくすということ自体はけっこうなことだが、それだけで福祉の向上と財政立て直しを両立させるなど、不可能に決まっている。

敗戦後、経済だけは急発展したために、日本は一応は先進国などと呼ばれているが、政治を見ればお寒い限り。一国民として悲しくなってくる。
by raccocin | 2010-01-31 20:13 | 日々の雑感または身辺雑記

何気ない言葉にグサッ

去年の暮れから胃の調子が悪くて困っている。一度は薬を飲んで改善したと安心していたが、先日も激しい胸焼けがして、朝早く目が覚めてしまった。

こうしょっちゅうおかしくなるなら、一度きちんと検査をしようと思い、このあいだ、胃カメラの予約をしてきた。ところが、昨夜も胃は痛くなるわ下痢はするわで、すっかり体力を消耗してしまった。やれやれ。

今日も本当なら1日休みたかったが、締め切りのある仕事があるので午後から出勤した。それで仕事は目処が立ったから、まあ良かったのだが、帰り際に同僚のUさんと交わした会話にげんなりしてしまった。こんな会話だ。

私「いや〜、去年の暮れから胃がおかしくて、ほんとにイヤになっちゃいますよ。原因は何だろう。やっぱりストレスですかね」

Uさん「う〜ん、ラッコさんも、そんなに気を遣ってないようで実は遣ってるんですかね〜」

コラッ(グサッ)! こう見えても、けっこう神経使ってるんですってば。
by raccocin | 2010-01-28 23:25 | 見られちゃ困る職場ネタ

夢日記10

今日は2つ夢を見た。より記憶に残っているほうだけをご紹介しよう。

************************************
私は、飲み屋の座敷のようなところにいる。向こうのテーブルには、松坂慶子と中年男性が2人で座っている。

話の様子からすると、松坂慶子はどこかの土地を買ったようだ。
すると連れの男性が、「土地を買ったなら、ここは自分が既に押さえたというしるしに、地面におしっこをかけないといけない」などとアドバイスしている。それを「確定おしっこ」というらしい。初耳である。

それから松坂慶子が「デートセックス」という衝撃的な言葉を口にした。
デートセックスというのも、これまた初耳だ。デートしてセックス、ということなのか。なんだか当たり前の気もする。

そこで私は思い切って席を立ち、松坂慶子のところへ行って、「松坂さん、今、デートセックスとか、なんかスゴいこと言ってましたよね〜」とツッコミを入れてみた。
************************************

覚えているのは、ここまで。いや残念。
決して、松坂慶子が「確定おしっこ」をしているところとかは見ていないので、あしからず。
by raccocin | 2010-01-24 20:12 | 変な夢を記録する夢日記

朝、駅のホームでトラブル目撃

今朝、会社の最寄り駅で下車すると、ホームで男子高校生と中年男性が向き合って立っていた。高校生のキツい目つきからして、「ハハ〜ン、喧嘩だな」と思った。

私が現場を通り過ぎると、この高校生、「さっさと謝れよ!」と中年男性をののしっていた。中年のほうは押し黙っていた。

まあ、事情を知らないのでどっちが悪いとは言えないが、高校生が中年のオッサンをつかまえて凄むのだからね。無論、年上の人間というだけで無条件に敬うのも意味がないとは思うが、それにしてもね〜。なんというか。
by raccocin | 2010-01-19 22:58 | 日々の雑感または身辺雑記

Secな酒とSecな菓子

昨日の土曜、酒が切れたので近くのスーパーにワインを買いに行った。
ここのスーパーには、なぜか成城石井おすすめの酒が置いてある。この日も、石井おすすめのスパークリングワインがあったので買ってみた。
e0021059_21262737.jpg
ラベル下部を見ると、“Demi Sec”とある。
スパークリングワインを買うと、甘口なのか辛口なのかが、こうやって表示してあるのは周知のとおり。
フランスものなら“Sec”、イタリアものなら“Secco”と書いてあるのが「辛口」ということだ。その単語の前に、フランスなら“Demi”、イタリアなら“Semi”を付けると、 「半分」辛口、つまり「中辛」ということになる。

ところで、贈答用の洒落た菓子なんぞを買おうとフランス菓子店をのぞいたりすると、「ガトー・セック」なるものがショーケースに並んでいるのを、みなさんも見たことがあるだろう。

単なるクッキーじゃん、といつも私は思っていたのだが、ものは試しに、フランス語の辞書を引いてみた。
すると、あれは“gâteaux secs”、つまり直訳すれば「乾いた菓子」ということだった。

すなわち、“sec”とは英語の“dry”と一緒で、基本は「乾いた」という意味なのだが、酒の味を表すときには「辛い」という意味となるわけ。もちろん、イタリア語の“secco”もほぼ同様の意味である。

英語もろくにできないのに、こんなこと調べてどうするという気もするが、こういう単語同士の関連性を調べたりするのが私は大好きなのだ。すると、このような思わぬ発見をすることがある。これが実に快感なのだ。
by raccocin | 2010-01-17 21:18 | 美味しいもので元気を出そう

The 4th Kind

『The 4th Kind フォース・カインド』を観てきた。
とにかく怖そうな映画だというだけで興味があったので、題名について深く考えずに観に行ったのだが、途中で「あ〜、そういうことか」と腑に落ちた。

『未知との遭遇』という映画があったが、あれの原題が“Close Encounters of the Third Kind”という。「第三種接近遭遇」というわけだ。では「第四種接近遭遇」とは一体何なのか、ということを描いたのが本作なのだ。

この作品、超常現象が好きな方には薦めるが、そうでない人にはまったく薦められない。私はといえば、元超常現象大好き少年なのだから、当然のことながら大いに楽しんでしまった。

ドキュメンタリー調の作りなのが功を奏し、この種のものとしては、かなり現実味が増して見える。しかし同時に、果たしてどこまで真に受けてよいのだろうか、と自問してしまう。なかなか上手いつくりになっているのだ。

この作品については、基本的に超常現象否定派と思われる松尾貴史(キッチュ)も、「この映画は超常現象ファンが好む記号とかアイテムがちりばめられていて、そういうものが好きな人には堪らないと思います」と語っていた。

首都圏ではもうすぐ上映終了らしいので、超常現象ファンは、今すぐ劇場に足を運んでほしい!
by raccocin | 2010-01-16 23:49 | 映画にアートにいろいろ鑑賞

夢日記9

今朝、夢を見た。たいして面白くもない平々凡々なものだが、メモしておこう。

************************************
なぜか私は道路の上にペタンと座っている。
近くに犬のフンがあって、もしかして自分の尻の下にもフンがあるのではと心配になる。

小型犬(たしか白色)がそばにいたので、頭をなでてやる。
周りを見ると、犬は全部で3匹。すべて小型犬で、飼い主の女性が2人いる。
私は3匹の犬の頭を順番になでてやる。
犬種や顔は、ほとんど覚えていない。飼い主の顔に至っては、まったく覚えていない。

私は、「じゃあ、どうもお邪魔しました」と飼い主に挨拶してその場を立ち去った。
************************************
by raccocin | 2010-01-16 12:52 | 変な夢を記録する夢日記

楽しい夜を渋谷で

今宵は同僚のKさん(40代後半、♂)とIさん(30代後半、♂)、私の3人で飲んだ。場所は渋谷の庶民的な居酒屋。

Kさんはウチの職場に来て3年目だし、Iさんに至っては6年半もこの職場にいるベテランである。かく言う私も6年目。にもかかわらず、一緒に飲むのはこれが初めてだ。

正直に言って、Kさんとはあまり気が合わないと思い込んでいたし、もっと前から職場にいたIさんとも、特に仲が良いとは言えなかった。

だが、去年の春くらいからだろうか、ひょんなことがきっかけでKさんと次第に話をするようになると、彼はとてもスケベだということが分かった。
私も、(自分で言うのもなんだが)真面目そうな外観に反して下ネタ好きなので、2人の距離は一気に縮まったのである。

そして、KさんとIさんは元々知り合いで仲が良い。そんなわけで、遅ればせながら、この度の飲み会となったのである。

それは、とても楽しい会だった。
Kさんはお店に到着する前から下品なネタを速射砲のように繰り出し、私を圧倒した。
幸か不幸か個室を予約しておいたため、その後も、隣に人がいたら絶対にできない会話の連発。でも、たまにはこんな時間も良い。ストレス解消とはこのことだ。

それにしても、何年ものあいだ近くにいたのに大して仲良くなれないでいた人とも、こんなことになるのだから、人間とは分からないものだ。
by raccocin | 2010-01-08 23:20 | 美味しいもので元気を出そう

夢日記8

先日の初夢に続いて、また夢を見た。

************************************
私と見知らぬ男性が、2人でワンボックス車に乗って走行中である。我々は、冷凍食品を温めたもの(何の食品かは覚えていない)を車内で食べる。

次のシーンでは、我々は車を降りている。そこで別の見知らぬ男性に、「無断でその食品を食べると捕まる。奴らもそういう人間を追っている」などと忠告される。

私はその言葉におびえ、今にも追っ手がやってくるのではないかと不安になる。
我々は再び車に乗り込み、あてもなく逃げる。
************************************

なんだか訳が分からないが、「何かに追われる夢」系列のものだろう。
もう1つ夢を見たはずなのに、残念ながら、目が覚めた後すぐに忘れてしまった。
by raccocin | 2010-01-06 21:17 | 変な夢を記録する夢日記


考えることが好きで、のんびり屋。5歳男児の父。音楽、映画、アート、コーヒー、それにワインを愛します。完全禁煙のお店も好き。


by raccocin

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

タグ

カテゴリ

全体
音楽とオーディオが好き
映画にアートにいろいろ鑑賞
本と雑誌で心の旅を
美味しいもので元気を出そう
何と言っても美容と健康
苦手なくせに外国語が好き
おしゃれ心を忘れずに
やっぱりAppleが好き
住まいとインテリアのこと
応援してます広島カープ
スポーツは観て楽しむもの
日々の雑感または身辺雑記
変な夢を記録する夢日記
見られちゃ困る職場ネタ
モノにならない楽器演奏
騒音は迷惑です

リンク

検索

最新のトラックバック

venuspoor.com
from venuspoor.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..

以前の記事

2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
more...

ブログジャンル

音楽
日々の出来事

その他のジャンル