タグ:外国語コネタ ( 12 ) タグの人気記事

日本人は、ドイツ語の“w”をなぜ「ワ行」読みするのか

村上春樹がドイツの「ウェルト文学賞」(Welt Literaturpreis)を受賞して、授賞式で講演をしてきたらしい。そのこと自体は、春樹ファンからすると、もちろんめでたくて結構な話なんだけど、この「ウェルト」っていうのが、またもや日本人お得意のデタラメ発音なので懲りずに指摘しておこう。

ドイツ語の“w”は、母音の前では[v]の音になるので、カタカナで書くなら「ヴ」がふさわしい。だから「ヴェルト文学賞」が、あえて言うなら正しい表記である。ところが日本人は昔から、なぜかドイツ語の“w”を、ローマ字風に読んで「ワ行」の音として表すという珍妙な癖がある。

オーストリアの首都“Wien”(ヴィーン)のことを「ウィーン」と言い(肝心のウィーンの地では[w]に近い音で発音されるらしいが)、作曲家の“Wagner”(ヴァーグナー)のことを「ワーグナー」、だから彼の楽劇“Die Walküre”(ヴァルキューレ)も「ワルキューレ」になってしまう。他にも数え上げればたくさんある。

まあ、上に挙げたような言葉は大昔に日本に入ってきたわけだから、間違った読み方で完全に定着してしまっているものを、今さら正すのは難しいと思う。

でも、「ヴェルト文学賞」などというものは、昔から日本人が知っている言葉でもないだろう。調べてみたら、1999年に創設された賞だという。そういう比較的新しい言葉まで、ご丁寧に日本の「伝統」に則って「ウェルト文学賞」とローマ字読みで表記する感覚は、一体どう理解すればよいのだろう。そこまでして「ワ行読み文化」を頑に守りたいのだろうか。

外国語をカタカナで表記することに限界があるのは当然だが、それにしても、できるだけ原音に近い音で表記しようとするのが、言葉で物事を伝えることを職業とする人間の誠意ではないだろうか。いったんメディアによって間違った発音が広められると、それを正すのは現実的に考えてきわめて困難になってしまう。
それとも、「間違ってたって、日本人の間で通じりゃいいじゃん」とでも思っているのだろうか。もしそうだとしたら、言葉に対する誠実さを欠いていると非難されても仕方がないだろう。

おっと、少し真面目になりすぎた。ではウィーンの話が出てきたところで余談を。
いわゆるウィンナーソーセージのことを、ドイツ人は「ヴィーナー」と呼び、オーストリア人は「フランクフルター」と呼ぶらしい。こんな庶民的な食い物は、ドイツ人もオーストリア人も、向こうの国からやって来たのに違いない、とお互いに思っているそうです。

by raccocin | 2014-11-08 22:49 | 苦手なくせに外国語が好き

ヨコハマトリエンナーレ2014へ

ヨコハマトリエンナーレ2014(略してヨコトリ)に行ってきた。トリエンナーレ(triennale)とはイタリア語で、3年ごとに開かれる催し物のこと。ちなみに英語では何と言うのか調べてみたら、“triennial”(トライエニアル)というらしい。“tri”はもちろん「3」を意味するから、これを“bi”(「2」の意味)に変えれば、“biennale”(ビエンナーレ)となり、2年ごとに開かれる催し物の意になる。

私がこの現代アートの国際展に行ったのは、2005年が最初で最後。それ以来の訪問だから、実に9年ぶりのことになる。ほんとにご無沙汰してました。
せっかく地元横浜で、こんなに立派なアートのお祭りを開催してくれているのだから、やっぱり観ておかないと勿体ない気がする。過去2回はスルーしてしまったから反省である。今回の主会場は横浜美術館と新港ピアだが、時間もなかったので横浜美術館のほうだけ観てきた。

今回は息子と一緒に出かけた。息子を美術館に連れていくのは初めてだ。美術館の中で息子はちょこまか動き回るから大変だった。でも、これも経験。めげずに何度も連れていけば変わっていくだろう。

さて、このヨコトリ、やはり現代アートだからして、「こんなことやって何になるんだ」的な展示も多い。中にはバカバカしいものすらあるが、それも含めて楽しんでしまえばいいのだと思う。

いや、無理に楽しむ必要すらない気もする。日常的な感覚や常識と、現代アートとが接触するときに生じる違和感、疑問、軋轢。それらは、常識のぬるま湯にどっぷり浸かってふやけ切った精神と感性に乾布摩擦の刺激を与え、強制再起動を行ってくれるのかもしれない。


では、写真をいくつか撮ってきたのでご紹介。もちろん撮影が許可されたものです。
e0021059_20333642.jpg
マイケル・ランディ《アート・ビン》


e0021059_20355661.jpg

e0021059_20373514.jpg
エドワード&ナンシー・キーンホルツ《ビッグ・ダブル・クロス》


e0021059_20385286.jpg


e0021059_20404196.jpg
吉村益信《豚; pig' Lib;》


e0021059_21032665.jpg


家に帰ってきてから、息子に訊ねてみた。
「アートのお祭り、どうだった? また行きたい? もういい?」
「もういい」
「疲れちゃった?」
「疲れた」

でも、また行こうね。


e0021059_22152194.jpg
ちなみに、今度やるこの展覧会も必見である。

by raccocin | 2014-11-02 22:24 | 映画にアートにいろいろ鑑賞

ワールドカップの「1次リーグ」というおかしな言い方&マスチェラーノの名前の読み方について

サッカーのワールドカップも佳境に入ってきた。私は最近すっかり野球ファンとなり、サッカーについては日本、外国問わず、あまり見なくなっているのだが、ワールドカップやユーロなどの大規模なお祭りのときだけは、相変わらず楽しませてもらっている。

さて、いろいろなマスコミがワールドカップの報道にご熱心の様子だが、ひとつ気になっていることがある。それは、NHKその他のマスコミが使っている「1次リーグ」という言葉だ。普通に考えると、「1次」リーグと言うからには、その後に「2次」リーグがないとおかしいはずだ。
例えば、もしここに、1回だけ受験してそれで終了、という試験があったとして、それを「1次試験」と言うだろうか。決して言わないだろう。「1次」という言葉は、その後に2次なり3次なりが控えている場合にだけ使うものだからだ。

かつてワールドカップでは、1次リーグを行った後、さらに2次リーグを行っていた時代があったから、NHKその他マスコミは、その名残りで1次リーグという言葉を使っているのかもしれない。しかし、2次リーグが廃止されている現在、その言い方をするのは、まず何よりも日本語として間違っている。正しい日本語を使うことは、マスコミとして当然の義務ではないだろうか。

ある民放テレビ局を見ていたら、「グループリーグ」という、これまた広く使われている呼び方をしていた。FIFAのサイトを見ると、グループリーグではなく“Group Stage”とあるので、実はグループリーグというのも本当に正しい言い方ではない。しかし、1次リーグという明らかに間違った日本語の使い方をして平然としている他のマスコミよりは遥かに良い。

それと、これはまた別の問題だが、NHKで放送されていたアルゼンチン対ベルギーの試合を見ていたら、アルゼンチンのミッドフィルダーであるマスチェラーノのことを、マスケラーノと呼んでいた。“Mascherano”をスペイン語の読み方に則って読んだら、マスチェラーノのはずだ。これをマスケラーノと読んだらイタリア語の読み方になってしまう。

参考までにウィキペディアで調べてみたら、彼はどうやらアルゼンチンとイタリアの二重国籍のようだ。そのせいで、NHKもマスケラーノと呼んでいるのかもしれない。しかし、あくまでもアルゼンチン人としてワールドカップに出てきている選手の名前を、いくらイタリア国籍も持っているからといって、わざわざイタリア語の読み方で呼ぶことには違和感を覚えてしまう。

まあ日本人は、外国の人名や地名などを、原音になるべく近い音で表記しようという情熱が完全に欠落しているから、またか、という感じではある。
きっと、「難しいこと言わなくたっていいよ。仮に間違ってたって、日本人同士で通じりゃいいじゃん」というノリなのだろう。私はそういう考え方が大嫌いなのだが(このマスチェラーノ問題については、間違った発音というよりは、状況に合った適切な発音を採用していない、といったところではある)。

それはともかく、1次リーグという言い方、これは絶対におかしいと思う。世間に対して何の影響力もない私の弱小ブログで文句を言っても、事態は変わるわけもないだろうが、私は「正しい言葉LOVE」な人間なので(笑)、ついこうして書いてしまうのだ。

以上、理屈っぽいオヤジの小言でした。

by raccocin | 2014-07-06 10:17 | スポーツは観て楽しむもの

タラモサラダの「タラモ」、それにパン・ド・ミの「ミ」って何だろう

この前の日曜日は、みなとみらいにあるクイーンズイーストまで買い物に行ってきた。
まずはユニバーサルランゲージでドレスシャツを2枚と麻のカジュアルシャツを1枚。次はABCマートで、古くなった雨の日用のゴム底革靴を買い替えて、ついでにコンバースのスニーカーも。

帰りにパン屋さんのポンパドウルに寄って、お土産を買った。
で、この日買ったパンの中には「タラモドーナツ」という品があった。揚げドーナツの中にタラモサラダを封入したものである。外見はカレーパンに似ていて、中身がタラモサラダだと思ってくれればよい。

ところで、この「タラモ」という言葉については、以前からどういう意味なのか疑問に思っていた。ここで言うのはとても恥ずかしいのだが、私は、「タラコ」という言葉と「ジャガイモ」という言葉を合体させ、真ん中を省略して「タラモ」っていうのかなあ、なんて勝手に想像していたのだ。

しかし、今回調べてみたら、それはとんでもない勘違いだった。
「タラモサラダ」というのは、なんとギリシャ料理だったのだ。ウィキペディアによると、それは塩漬けのコイ、タラやボラの卵と、パンやニンニクを練り合わせた料理だという。トルコでも同様の料理があり、こちらは「タラマ」と言うようだ。要するに「タラモ」とは「魚卵」のことらしい。間違っても「タラコ」と「ジャガイモ」を合体させた言葉ではないのだ(笑)

私は、フランス語やイタリア語といったラテン系の言語の響きが好きで、リビングに置いた本棚には、それらの言語の辞書が常備してある。気になる単語があったらすぐに調べられるようにだ。と言っても、会話ができるなどの実用的レベルに達した技能は全く持ち合わせていない。単に、街中で出会ったお店の名前、食べ物の名前、それにファッションに関する言葉などをちまちま調べては無駄な単語の知識を増やし、ひとり悦に入っているという一種のヘンタイである。

そんな風なので、いつもの私なら、この「タラモ」という言葉の意味を辞書なりネットなりで調べそうなものだが、あまりラテンの匂いを感じなかったせいなのだろうか、調べずに放っておいたのだ。

調べた後で気付いたのだけれど、パンの袋の中には1枚のチラシが入っていた。それによると、今、ポンパドウルではサッカーのワールドカップにちなんで、いろんな出場国の(料理を使った)パンを展開中らしい。

チラシには、タラモサラダはギリシャの料理なのだと、ちゃんと書いてあった。このチラシを見て、「えっ、タラモって、タラコとジャガイモを合体させた言葉じゃないの?」と、私と同じように愚かな間違いに気付いた人も相当数いるに違いない。

やっぱり、疑問に思った言葉はすぐに調べるのが一番、ということを再確認した次第である。

ところで、この日は他にもパン・ド・ミを買った。ちょっと気の利いたパン屋さんだと、食パンとは言わずに「パン・ド・ミ」という名前で売っているのを、皆さんもよく見かけることと思う。私はかつて、この言葉にも疑問を抱いていた。

「パン・ド・ミ」とは“pain de mie”ということだから、「ミのパン」という意味のはずだ。しかし、この「ミ」が分からない。私は大学のときに第2外国語でフランス語を履修していたのだが、大方の日本人と同じく、第2外国語など、2年間勉強してもほとんど身に付かなかった。一応、だいたいの発音の仕方と簡単な単語の意味くらいは分かるので、まったく知らない人よりはちょっと便利、くらいのレベルである。

それで、この“mie”も意味が分からず、いつものように辞書を引いてみのだ。すると、そこにはこう記してあった。

mie [mi] 名詞(女) パンの身[柔らかい部分] pain de 〜 食パン

なんと、「ミ」とは、洒落ではないが、パンの「身」だったのだ!
すなわち「パン・ド・ミ」とは、直訳すれば「身のパン」ということになる。用例には、はっきり「食パン」と書いてあって、まあそれは初めから分かっているのだが、それにしても「身のパン」って何だろうと思ってしまう(笑)
言われてみれば、バゲットみたいなパンに比べると、柔らかい身の部分の比率が高い気はするけどね。

とまあ、こんな風に、ちまちま辞書を引いたりして言葉の意味を調べるのが、私の趣味のひとつなのだ。ネットや電子辞書でサクッと調べるのはたしかに便利だが、私は紙の辞書が好きだ。なぜなら、綴りの似通った他の単語も否応なく目に入ってきて、ときには存在すら知らなかった言葉にも出会えるのが、なんとも楽しいからである。

by raccocin | 2014-06-14 11:08 | 美味しいもので元気を出そう

もうすぐ日韓戦 そういえば韓国の選手名の表記の仕方って

さて、もうすぐアジア杯準決勝の日韓戦か。
自国のスポーツチームが他国のチームを倒してもさほど熱狂できない私とはいえ、一応観るかね。今日はちょっと早めに帰宅できたこともあるし。
まあ、中村俊輔のいない日本代表なんて、クリープを入れないコーヒーのようなものだけどね(いつかも同じこと言ったっけ)。

ところで韓国と言えば、前からスポーツ中継を観ていて疑問に思っていたことがある。選手名の表記についてだ。

例えば「李」という姓の選手がいるとする。朝鮮語では「イ」と読むはずだ。
ところがユニフォームの背中に書いてあるのは、いつも“LEE”なのだ。これでは「リー」となって、「李」という漢字の中国語読みになってしまうのではないか。

なぜアルファベットで表記するときは、漢字の読み方が朝鮮語読みではなくて中国語読みになってしまうのか。前から不思議に思っていたのだが、次の瞬間にはすぐ忘れてしまっていて、特に調べたりもしなかった。

一体どうしてなんでしょうねえ。

と書きながら今ちらっとウィキペディアを見てみたら、朝鮮語のローマ字表記には何種類もやり方があるらしい。へえ、そうなんだ。別に漢字を中国風に読んで表記してたわけじゃないんだ。

いやいや、早合点。さっさと調べなきゃダメだね。
by raccocin | 2011-01-25 21:02 | 日々の雑感または身辺雑記

黒猫という名のスパークリング

金曜日の仕事帰りに、百貨店の酒売り場に寄った。ワインでも買って一杯やろうという魂胆である。
まだ新しい職場の仕事を覚えている最中なので、当然ストレスフルな日々になる。こんなとき、酒はやさしく心身の緊張を解いてくれる。まさしく百薬の長である。

最近、赤ワインが多いので白かロゼにしようと思ったのだが、やっぱりスパークリングにしようと心変わりした。

店の冷蔵庫の中を眺めると、こんなやつが。
e0021059_21322174.jpg
アルゼンチンのスパークリングで、“Gato Negro”。
“negro”は言うまでもなく「黒」という意味にしても、スペイン語では“cat”のことを“gato”と言うのか(フランス語でガトーと言ったら「お菓子」になっちゃうけど)。

レコードやCDに「ジャケ買い」があるように、ワインにも「ラベル買い」がある。これはその典型。

とてもかわいい。猫好きの人はマストバイ。
by raccocin | 2010-04-24 21:52 | 美味しいもので元気を出そう

Secな酒とSecな菓子

昨日の土曜、酒が切れたので近くのスーパーにワインを買いに行った。
ここのスーパーには、なぜか成城石井おすすめの酒が置いてある。この日も、石井おすすめのスパークリングワインがあったので買ってみた。
e0021059_21262737.jpg
ラベル下部を見ると、“Demi Sec”とある。
スパークリングワインを買うと、甘口なのか辛口なのかが、こうやって表示してあるのは周知のとおり。
フランスものなら“Sec”、イタリアものなら“Secco”と書いてあるのが「辛口」ということだ。その単語の前に、フランスなら“Demi”、イタリアなら“Semi”を付けると、 「半分」辛口、つまり「中辛」ということになる。

ところで、贈答用の洒落た菓子なんぞを買おうとフランス菓子店をのぞいたりすると、「ガトー・セック」なるものがショーケースに並んでいるのを、みなさんも見たことがあるだろう。

単なるクッキーじゃん、といつも私は思っていたのだが、ものは試しに、フランス語の辞書を引いてみた。
すると、あれは“gâteaux secs”、つまり直訳すれば「乾いた菓子」ということだった。

すなわち、“sec”とは英語の“dry”と一緒で、基本は「乾いた」という意味なのだが、酒の味を表すときには「辛い」という意味となるわけ。もちろん、イタリア語の“secco”もほぼ同様の意味である。

英語もろくにできないのに、こんなこと調べてどうするという気もするが、こういう単語同士の関連性を調べたりするのが私は大好きなのだ。すると、このような思わぬ発見をすることがある。これが実に快感なのだ。
by raccocin | 2010-01-17 21:18 | 美味しいもので元気を出そう

ヌーヴォー&チーズの悦楽

お待ちかねの、ボジョレー・ヌーヴォーを楽しんだ。

去年はスーパーで無難にジョルジュ・デュブッフを買った私。
しかし、今回はヴィノスやまざきの自由が丘店で予約をしておいた。ペール・ギヨさんという人物の手になるワインである。
e0021059_1234361.jpg
飲んでみると、軽くて柔らかいのに豊かな香りと味わい(ボキャ貧ですいません)。

それより、ワインとともに予約しておいた、このチーズが実に美味しかった。今まで私が食べたチーズの中では一番と言える。
e0021059_12254143.jpg
クリーミーで、甘味と酸味のバランスが最高。クリーミーと言っても、いわゆるウォッシュチーズにあるような、いかにもなクリーミー感ではない。また、カマンベールでたまに感じる苦みも皆無。

まるでレアチーズケーキを食べているようだ。だったら初めからレアチーズケーキ食えよ、などと言わないでほしい。

まあ、とにかく絶品としか言いようがないのだ。
このチーズには“Petit Délice”という商品名がついている。「小さな喜び」みたいな意味のようだが、いやいや、これはもう立派に“Grand Délice”である。
by raccocin | 2009-11-19 22:42 | 美味しいもので元気を出そう

祝リーガデビュー&スペイン語の疑問

遂にリーガ・エスパニョーラへのデビューを飾った中村俊輔(今頃書くのも、ちと遅いが)。

私も、リーガを観るために数年ぶりにWOWOWに再加入して、楽しく観戦している。

残念ながらエスパニョールは連敗スタートとなった。
俊輔自身も、本来の力を発揮しているようには見えないが、まだまだこれからだろう。他の選手との連携が良くなってくれば、もっと楽しませてくれるはずだ。セルティックでMVPを取ったのだって、移籍して2年目のシーズンだったのだ。

ところで、WOWOWの中継を観ていて気になったことがある。
スペインでは「〜・ガルシア」という選手が結構試合に出てくるのだが、これをアナウンサー、解説者ともに、「ガシア」という風に、「ル」にアクセントを置いて言っている。

しかしこれ、多分、「シ」にアクセントを置いて言うべきものだと思う。スペイン語には詳しくないから、ほんとに「多分」としか言いようがないが。

私は、基本的に、外国の人名・地名はできるだけ原音に近い発音、それにのっとった表記をしてほしいと思っている。で、たいして暇でもないくせに、WOWOWにその旨メールしてしまった。

まあ、この問題はこだわり出したらキリがないから、適当でいいのかもしれないけど。
だってそれを言ったら、バルセロナだって「バルセローナ」みたいに言わないといけなくなるしね。

ネットなどで見ても、例えば、"Sevilla"が「セビリア」と書いてあったり、「セビージャ」と書いてあったりする(WOWOWでは「セビリア」を採用)。このスペイン語における"ll"の読み方は、同じスペイン語圏でも各地で違うようなので、なかなか難しい問題なのかもしれない。

ちなみに、スペイン語ではbとvを区別しないということなので、"v"が使ってあるからといって「セヴィリア」とか書くのもむしろ変で、「セリア」のほうが、より良いらしい。

とかなんとか書いてるうちに疲れてきちゃった。やっぱり、どうでもいいのかな。
だいたい、ヨーロッパの人たちだって、「中村」のことを「ナカム〜ラ」とか言ってるんだしね。
よくわかりません。
by raccocin | 2009-09-15 18:12 | スポーツは観て楽しむもの

バットマン・「?」

先日、Mさんが話しかけてきた。

Mさん「ねえ、このあいだWOWOWでさ、『バットマン・ギンズ』って映画やってたよね」

私「えっ? 『ギンズ?』 それを言うなら『バットマン・ギンズ』ですよ。物語の始まりってこと」

Mさん「あっ、そうなの? 俺、バットマンの名字が『ヒギンズ』だから、そういうタイトルなのかと思った」

違うって。
by raccocin | 2009-06-03 01:31 | 見られちゃ困る職場ネタ


考えることが好きで、のんびり屋。5歳男児の父。音楽、映画、アート、コーヒー、それにワインを愛します。完全禁煙のお店も好き。


by raccocin

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

タグ

カテゴリ

全体
音楽とオーディオが好き
映画にアートにいろいろ鑑賞
本と雑誌で心の旅を
美味しいもので元気を出そう
何と言っても美容と健康
苦手なくせに外国語が好き
おしゃれ心を忘れずに
やっぱりAppleが好き
住まいとインテリアのこと
応援してます広島カープ
スポーツは観て楽しむもの
日々の雑感または身辺雑記
変な夢を記録する夢日記
見られちゃ困る職場ネタ
モノにならない楽器演奏
騒音は迷惑です

リンク

検索

最新のトラックバック

venuspoor.com
from venuspoor.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..

以前の記事

2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
more...

ブログジャンル

音楽
日々の出来事

その他のジャンル