タグ:雑誌 ( 15 ) タグの人気記事

年度末で忙しい でも飲み会とかプロ野球開幕とか

先週は日曜から昨日の土曜まで7日連続勤務だった。たしか去年も、3月の最終週は日曜から土曜まで7日連続勤務をしていて、今年はそんなことには絶対ならないようにしようと思っていたのだが、結局同じことになってしまった。
異動して2年目なのに、まったく進歩がない私である。ひとつ時間がかかりそうな仕事があったから、イヤな予感はしていたんだけどね。やれやれ。

でも毎日残業していたわけではなく、27日(木)は同じ課の仲間3人と一緒に飲み会だった。場所は、渋谷ヒカリエの中にある美々卯という、うどん屋さんである。前菜、お造り、天ぷら、そして上品な薄味の美味しいうどんを楽しんだ。

帰り際、みんなにささやかなプレゼントを渡した。
この4月に別の課へ異動するYさん(♀)には、天下の名盤“Waltz For Debby”のCDを。女性に贈るジャズアルバムと言えば、『ワルツ・フォー・デビー』か『ケルン・コンサート』が一番ですね(笑)

次に、1日3食みんなパンでも構わないというパン好きのOさん(♀)には、雑誌『& Premium 3』を。ズバリ、一冊丸ごと「おいしいパン」特集なのだ。この雑誌、表紙からして妙に垢抜けていて、やっぱりマガジンハウスはひと味違う。

最後に、Kさん(♂)には『フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人』(朝日新書)を。
現代日本人の食の好みやライフスタイルを検証し、そこから見えてくる政治的分断を読み解くという、とっても興味深そうな本である。
「興味深そう」というのは、本屋でこの本を見つけてプレゼント用に買ったはいいものの、自分が読む分はまだ買っていないからだ。どうやらKindle版があるようだから、後でそちらを買っておこう。

さて、28日の金曜にはプロ野球が開幕した。実は、同僚のカープファンに、スポーツバーで一緒に観戦しないかと誘われたのだけれど、断ってしまった。

なぜかと言うと、誘ってくれた彼は喫煙者なのだが、そのスポーツバーには分煙システムがなかったからだ。夜間はどの席でもスパスパ吸っていいらしい。ところが今の私は、全面禁煙あるいは仕切りのある完全分煙でなければ我慢ならないときている。せっかく誘ってもらったのに悪かったが、無理して一緒に行っても煙を吸わされてストレスは溜まるし健康には悪いし、仕方がない。

それから、この日の夜には、リンジャパンが主催する、“kuniko meets EXAKT”と銘打ったライブがあった。
世界的な打楽器奏者である加藤訓子の生演奏と、あらかじめ録音された音とのコラボレーションを試みるという、ユニークな演奏会である。録音された音の再生には、最近LINNが発表して話題になっているEXAKTシステムを使うというから、興味を持った私は一応予約だけしておいたのだ。

しかし、いざ当日になってみると、待ちに待ったプロ野球開幕日であるし、やっぱりテレビで野球が見たくなって、仕事が終わるとそそくさと帰宅してしまったのだが。

で、カープの開幕カードは、2勝1敗となった。1戦目は手に汗握る逆転劇、2戦目は新人の久里投手がプロ入り初登板&初先発でいきなり勝利という、実に嬉しいことになった。今日の3戦目は3安打でゼロ封されて完敗だったけれど、以前は大の苦手としていたナゴヤドームで開幕勝ち越しスタートを切ったのだから、まあ良しとしよう。

他にも書きたいことがいろいろあるのに、時間がなくて書けないのが悩ましい。
新しく買ったヘッドフォンのこととか、LANケーブルのこととか、それからいい加減に「オーディオ遍歴 第3期」も書きたいんだけどなあ。うーむ。

by raccocin | 2014-03-30 18:34 | 応援してます広島カープ

マエケンの妻は出たがリ屋なのか

6月3日発売の週刊現代にカープのマエケンの記事があって、内容を大雑把に要約させてもらうと、以下のようなものだった。

なんでもマエケンの奥さんが、最近、原宿界隈でよく目撃されてるとのこと。どうやら都内にも部屋があるらしい。なぜ都内にも拠点を作ったかというと、なんと、マエケンの巨人移籍に向けたプロモーションをするためだという。

あの奥さんは、美容院のためにわざわざ東京に行くことがあるくらい都会志向が強いらしい。そのため、地元の広島では買い物もあまりしないという。

そして、旦那に対して「あなたは、こんなところで終わる人間じゃない」、「(この働きで)この給料は安過ぎる」とハッパをかけているとのこと。性格の素直なマエケンは次第にその気になりつつあり、最近では「強いチームで投げたい」と言い出しているらしい。

問題は、早くても2016年になる国内FA権取得まで奥さんが待てるかどうかで、ひょっとすると、その前にポスティングでメジャー入りもあるぞ、という記事だった。

どこまで本当かは分からないが、何だかありえそうな話なので心配だ。

マエケンは、去年の秋にも『情熱大陸』で取り上げられていたのだが、それからほんの半年程度しか経っていないのに、WBC開幕に合わせる形で、またもや『情熱大陸』に出ていた。2回もこの番組に出た人は過去にもいないらしいから、裏で何かあったのではないかと勘ぐってしまう。

と思ったら、来週19日の夜に放送される『テレビ 未来遺産』の第一部「プロ野球選手の妻たち」に、奥さんが出るらしい。

情熱大陸では、甲斐甲斐しく夫を支える妻を演じ、今度は遂に自分が主役。
そして、またもやTBS系の番組。

これは裏で強力なプロモーションが行われているのではないかと、やはり思ってしまいますね。かなりの出たがり屋さんだと私は推測します(笑) なんて言いながら、一応は番組を見てみるけど。今度はどんな妻を演じてくれるのか、ある意味楽しみです。

でもほんと、冗談抜きで巨人入りだけはやめてほしい。メジャーに行くなら喜んで応援するけどね。
by raccocin | 2013-06-15 23:25 | 応援してます広島カープ

ニアフィールドリスニングの快楽、遂に最終回

ステレオサウンドで和田博巳さんが連載していた「ニアフィールドリスニングの快楽」が、遂に最終回を迎えるというので、何号かぶりにステレオサウンドを買った。

私は和田さんの文章が大好きで、ステレオサウンドなどのオーディオ雑誌に和田さんの文章を見つけると、いつも楽しみに読んでいた。数年前、保管スペースの関係で、所有していたステレオサウンドの大部分を処分してしまったのだが、「ニアフィールドリスニングの快楽」というタイトルで特集が組まれた、おそらく最初の号(98年春号。ほんとに「おそらく」ですが)は、いまだに手元に取ってある。

ニアフィールドリスニングを推奨する和田さんも、さすがに毎回毎回ニアフィールドリスニングの素晴らしさばかり説いているわけにもいかず、それとまったく無関係な記事も多かったが、音楽とオーディオに対する愛情が、少しも押し付けがましくなく自然に伝わってくる文章は、他に得難いものがあった。

最終回は第52回というから、丸13年分だ。そんなに長く続いているとは思わなかった。和田さん、長い間お疲れさまでした。これからも製品レビュー、ディスクレビューなどで、面白い文章を楽しみにしています。

それから、ステレオサウンド社さんに一言。この連載、もちろん単行本にしてくれますよね? してくれたら絶対買います!
by raccocin | 2011-12-31 21:03 | 音楽とオーディオが好き

CS終了 気持ちは既にドラフト会議へ

セリーグのクライマックスシリーズが終わり、中日が日本シリーズに出ることになった。今回のファイナルステージでは、珍しく巨人を応援していたんだけどね。

セリーグで巨人以外のチームを応援している人は、大なり小なりアンチ巨人だろう。カープファンの私も、やはりどちらかといえばアンチだ(学生の頃ほど激しいアンチではなくなったが)。

しかし、去年今年と広島は中日にこてんぱんにやられているのもあって、中日があまりに簡単に勝ち上がっても癪だし、それになんといってもCSの盛り上がりを期待して、今回は巨人を応援しながら観ていたという次第だ。

ところが、2試合を残して中日が勝ち上がってしまった。ちょっとがっかりしている。もうひと盛り上がりしてほしかったねえ。

どこかで読んだ話によると、テレビ関係者がもっとも恐れていたのが、中日とパリーグの3位が日本シリーズを戦う事態だという。それが現実になってしまったのだ。
この組み合わせが一番視聴率が取れないからで、下手をすると地上波の中継がなくなるとか。

たしかに、私自身あまり興味がそそられない日本シリーズになってしまった。
そんなわけで、気持ちは既にドラフト会議に向かっているところ。先日出たNumberのドラフト特集を読んで、気持ちを盛り上げていこうと思う。もし可能なら会社を早退してテレビ中継を観ようかと企んでいるくらいだ。

今年のドラフトは、早大の斎藤佑樹、大石、福井、それに中大の澤村など、大学生投手の当たり年ということで、興味をそそられている。

さて、広島は誰を狙っているのか。このチームに一番足りないのは、誰が見ても明らかなように、試合終盤に投げるリリーフ投手だ。となると大石なのか。うーむ、どうなるか実に楽しみだ。
by raccocin | 2010-10-24 15:59 | 応援してます広島カープ

ドトールでオーディオベーシック

土曜日の今日は、近所の美容院で髪を切り、ドトールへ行って「オーディオ・ベーシック」というステレオの雑誌を読んだ。

最新号は「一点豪華主義!」という特集。
私が使っているMAJIK DS-Iを核にしたシステムプランが紹介されていて嬉しくなる。

実際のところ、約50万円のMAJIK DS-Iに、今使っているNINKAくらいの、要するに20万円程度のスピーカーを組み合わせていくのが、私にとって持続可能なオーディオシステムということになるだろう。他にケーブルとかのアクセサリー類もたまには欲しくなるだろうしね。

それにしてもこの記事を担当した和田博巳さん、「ステレオサウンド」最新号の特集「プレミアムコンパクト」の中でも、やはりMAJIK DS-Iの記事を書いている。
ひょっとするとひょっとして、LINNが袖の下を使ったとか。あいや、これは穿ち過ぎでしょうか。和田さん、すみません。

他には、ブルーレイの音楽ソフトがスゴいぞという記事などを楽しく読んだ。
この雑誌はステレオサウンドと違って、バカ高い製品が主役でないところが庶民の私には嬉しい。

こうやって、お店でコーヒーを飲みながらのんびり過ごすのって、家で過ごすのとはまた違ったくつろぎ感があって良いものだ。

家にいると、あれがしたいこれがしたいと、ある意味邪念が湧いてくるが、店に入ってしまえば、持ってきた本なり雑誌なりを読むしかないし。
by raccocin | 2010-10-02 20:55 | 本と雑誌で心の旅を

子ども手当について考える

野田財務副大臣が、11年度から予定していた子ども手当の満額支給(一人当たり2万6000円)について、「ハードルは高い」とか言ったそうだ。11年度についても、10年度と同じ1万3000円で様子を見たいとのこと。

しかしまあ、「ハードルは高い」って言われたって、そんなの当たり前じゃん、と思ってしまう。
消費税をたったの5%しか取らない国で、いきなりヨーロッパの国と同水準の給付をしようということ自体、無理に決まっているではないか。しかも国の財政は大赤字なのだ。

週刊社会保障No.2553に〈再度「子ども手当」を考える〉という論評があったので引用させてもらおう(上智大学 増田教授)。

《これは、現在の西欧諸国と比較をしてもトップクラスの水準である。西欧諸国の場合には、高い給付水準を維持するための負担として、フランスのような事業主拠出金制度や高い消費税率が存在するが、日本の場合、新規財源を求めずに一挙に給付水準を西欧諸国以上にもっていこうとするから、さまざまな点でひずみが生じることとなる。
 まず、子育て支援分野では、喫緊の課題となっている待機児童解消を図るための保育サービスの充実や、母子家庭・父子家庭への支援策等への財政拡大が制約される。国の予算全体をみても、たとえば将来の日本にとって極めて重要な教育・科学振興費の予算が全体で5.3兆円(21年度予算)のときに、子ども手当のみに5.3兆円も貴重な国税収入を充てることは全くバランスを欠くものと言わざるを得ない》

まったくもう、もっと前に消費税を上げておけば良かったのに。
選挙に負けるのが怖くて、消費税率を上げることができない日本の政治家を見ていると、情けなくなってくる。
その点は、まだ自民党のほうが良かった。時期を見て税率を上げたいと麻生さんも言っていたのだから。

むろん、消費税率を上げさえすればなんとかなるとも言いきれないが、もっと福祉のまともな欧州諸国と比較して著しく低い税率でもかまわないというなら、その根拠を示してほしい。

日本は、まれにみる速度で高齢化が進んでいる国なのだから、消費税率アップは避けられないことだと思う。無駄遣いをなくすということ自体はけっこうなことだが、それだけで福祉の向上と財政立て直しを両立させるなど、不可能に決まっている。

敗戦後、経済だけは急発展したために、日本は一応は先進国などと呼ばれているが、政治を見ればお寒い限り。一国民として悲しくなってくる。
by raccocin | 2010-01-31 20:13 | 日々の雑感または身辺雑記

食の安全を考える

最近、食品の安全に関して、いろいろと報道されている。

消費期限をごまかしたりするのが良いこととは思わないが、そんなのは今に始まったことではないだろう。今までだって、みんな知らないで食べてきて、別に何の問題も起こらなかったのだ。

メーカーが、つい消費期限をごまかしたりしたくなるのは、消費者が過剰に鮮度にこだわるせいもあると思う。

消費期限を厳しく設定しすぎて、まだまだ安全に食べられるものが、食べられずに捨てられるとしたら、いかにももったいない。

そんなことを考えていたら、「AERA」'07.11.12号に、作家の高村薫が、こんなことを書いていた。

《あらためて考えるに、食とはまずは生産し、食べることである。安全や鮮度はその次である。(中略)昨今の食品偽装をめぐる私たちの反応には、食べるものへのありがたみが失われたことが根底にあるように思う。食とは本来、豊作や不作があり、ときには米の一粒が貴重だという感覚の上にあるものである。(中略)消費者が神様だという傲慢が、過剰な安全信仰を生む。(中略)食は生きるためにあるのであり、安全や鮮度は、与えられた恵みの範囲で折り合いをつけるべきものだと大真面目に思う。》

思わず膝を打った。
by raccocin | 2007-11-08 23:19 | 日々の雑感または身辺雑記

もうちょっとお手頃なやつも

先日、ステレオサウンドのバックナンバーを3冊買った。以前は欠かさず買っていたこの雑誌。しかし、新しいオーディオ機器に対する興味が次第に失せてきたこともあり、最近はあまり買わなくなっていた。

オーディオを始めてから数年間、アンプを替えたり、スピーカーを替えたりと、迷うことも多かった。ところが、ある日、LINNというオーディオブランドに出会い、そうした機器の買い替え熱も収まってしまったのだ。

LINNの製品は、サイズがコンパクトなものが多く、デザインもシンプルだ。そして、そのラインナップは、プレーヤー、アンプ、スピーカー、はたまた接続ケーブルと、音の入り口から出口まで全てを網羅する。肝心の音のほうも、実に「まっとう度」が高い。

全てをLINNで統一すれば、見た目もスマートで、かつ聴きごたえのあるオーディオシステムを組むことができる。

あまりマニアックにオーディオを追求する気もないが、良い音で音楽を楽しむためなら、それなりの出費もいとわない。そして、できれば周囲のインテリアに溶け込むデザインが望ましい。そう思う人たちになら、自信を持ってオススメできる。

今回私が注文したステレオサウンドのバックナンバーも、LINNに関する記事が載っているものだけである。すっかりLINNに馴染んでしまった私。

でも最近のLINN、高額な製品が増えすぎたと思う。もっとお手頃なエントリーラインの製品の充実を望みたいところである。

時々、GOLDMUNDのSRシリーズなんかも良さげだな〜、と思うことがある。でも、あのシリーズもだいぶ価格が高騰した。カッコいい機械って、高いものなのかね。

それにしても、やっぱりステレオサウンド読んでると楽しい。音について書かれた文章を読むだけで、なんかワクワクしてくるんだな、これが。一種のヘンタイかと思うけど。
by raccocin | 2007-09-23 11:53 | 音楽とオーディオが好き

低音のダイナミズムを堪能

THE POWER STATION/The Power Station
e0021059_1395100.jpg
パワー・ステーションは、デュラン・デュランのジョン・テイラーとアンディ・テイラーが、ロバート・パーマーらと結成したグループ。

雑誌「ビートサウンド」に載っていたので懐かしくなって買ってみた。
今、80年代ロック再聴ブームが私の中に起こっているので、特集記事の「ロック名盤100+α 1976〜1985」は個人的にタイムリーで、ありがたい。忘れていた曲やアーティストを思い出させてくれる。

冒頭の"Some Like It Hot"を聴いてビックリ。この低域はスゴい。太くて非常に重量感がある。しかも抜けが良いので、これは痛快!

ロバート・パーマーは、彼ならではの渋くてセクシーな歌をきかせてくれるし、アンディ・テイラーのギターもいつになく(?)快調。デュラン・デュランで弾いているときより、ずっと楽しそうにきこえる。

インタビューやPVが収録されたDVDのオマケが付いているのも良い。
by raccocin | 2007-09-15 23:37 | 音楽とオーディオが好き

なんとか収まりました

先日組み立てた本棚は、このようになった。
e0021059_1714969.jpg

本と雑誌を気合いで処分したおかげで、現時点で持っているCD、本、雑誌が、すべて収まってしまった。一部はリビングに置いてある小さな棚に入ってるけど。いやいや、よくここまで減らしたわ。我ながらエラい! 結局、人間というのは、自分の持っている収納スペースの限界まで持ち物を増やしてしまうという、それだけのことなのだね。
スッキリ暮らしたければ、収納家具をあまり増やさないのが大事と思う。私も、これ以上の本棚を追加購入しないように努力するつもり。

それにしても、いざ処分してしまうと、ろくに再読しない本や雑誌を、なんであんなに持ってたんだろうって思う。

これからは余分な荷物を持たずに、極力シンプルに暮らしていこう。
by raccocin | 2007-07-16 21:38 | 住まいとインテリアのこと


考えることが好きで、のんびり屋。5歳男児の父。音楽、映画、アート、コーヒー、それにワインを愛します。完全禁煙のお店も好き。


by raccocin

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

タグ

カテゴリ

全体
音楽とオーディオが好き
映画にアートにいろいろ鑑賞
本と雑誌で心の旅を
美味しいもので元気を出そう
何と言っても美容と健康
苦手なくせに外国語が好き
おしゃれ心を忘れずに
やっぱりAppleが好き
住まいとインテリアのこと
応援してます広島カープ
スポーツは観て楽しむもの
日々の雑感または身辺雑記
変な夢を記録する夢日記
見られちゃ困る職場ネタ
モノにならない楽器演奏
騒音は迷惑です

リンク

検索

最新のトラックバック

venuspoor.com
from venuspoor.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..

以前の記事

2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
more...

ブログジャンル

音楽
日々の出来事

その他のジャンル