鎌倉シャツ卒業またはミドルクラスの商品について

以前、このブログでも褒めたことがある、鎌倉シャツことMaker's Shirt 鎌倉。値段の割に良いと初めは思っていたが、ここのところ、しょせんは値段相応だなと不満に思うようになっていた。

まず、素材にしなやかさが足りない。5,000円のシャツにしなやかさを求める私がいけないのかもしれませんが。ちなみに奥さんいわく、「布っていうより紙みたいだよね」

それに、スリムフィットと謳っているラインでも、さほどスリムとは思えない。特に現代の細い若者(私は細いオジサン)にとって、これはとても「スリム」とは思えないだろう。

そして袖が短い。あと1〜2センチ袖が長くてちょうどいいと感じるくらいだ。身幅がある割に袖は短いというのだから、モデルにしている体型が少し古いのではないか。

そんなわけで、新しいシャツを少しずつ買っていき、鎌倉シャツはもう卒業しようと思っているところだ。

UNIVERSAL LANGUAGEというセレクトショップがあって、そこで10,000円くらいのシャツを買ったとき、やっぱりモノが違うと思ったものだ。当たり前だけどね。ちゃんと生地にしなやかさや光沢がある。

ここの商品のおおよその値段は、スーツが5〜7万円、シャツが1万円、靴が3〜4万円というところだろう。この、ある意味中途半端ともいえる価格設定が災いしているのか、最近になってあちこちの店を閉め始めている。地元横浜の店も既にない。

今の時代は、スーツでいったら19,000円と28,000円の2プライスの店とか、そこから上がって7〜10万円が主力商品の店、あるいはそれ以上の高級店というのならたくさんある。
しかし、UNIVERSAL LANGUAGEのようにミドルクラスと言うべき価格帯の商品を主に扱う店が、減っているような気がする。

この店がどうやら苦戦しているようなのも、上流と下流に二分しつつある現代日本を象徴する現象なのだろうか。

私はオーディオが好きなのだが、オーディオユニオンの店員さんが、以前こう言っていたのを思い出す。
「最近、ハイエンドとエントリークラスのモノは売れるんだけど、ミドルクラスのモノが売れなくなってきた」

これが、もう10年も前の話だ。
服よりもさらに趣味性が高く、簡単に二分化しないように思えるオーディオの世界でも、既にこの頃からそれが始まっていたということなのだろう。


* UNIVERSAL LANGUAGEがスーツカンパニーと同じ経営だということは知っていたけど、最近になって、洋服の青山とも同じ経営だということを知った。消費者の層あるいは用途に合わせて複数ブランドを展開するのが、今の商売のやり方なんでしょうね。(2012/12/15追記)
by raccocin | 2010-06-12 22:55 | おしゃれ心を忘れずに


日々の想いをつらつらと。7歳男児の父。音楽、映画、アート、コーヒー、それにワインを愛します。


by raccocin

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ

カテゴリ

全体
音楽とオーディオが好き
映画にアートにいろいろ鑑賞
本と雑誌で心の旅を
美味しいもので元気を出そう
何と言っても美容と健康
苦手なくせに外国語が好き
おしゃれ心を忘れずに
やっぱりAppleが好き
住まいとインテリアのこと
スポーツは観て楽しむもの
応援してます広島カープ
日々の雑感または身辺雑記
変な夢を記録する夢日記
見られちゃ困る職場ネタ
モノにならない楽器演奏

リンク

検索

最新のトラックバック

venuspoor.com
from venuspoor.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..

以前の記事

2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
more...

ブログジャンル

音楽
日々の出来事

その他のジャンル