<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ふたりのシュトラウス ~リヒャルトとヨハンのこと~

ずっと前の話だけれど、私は一時期、映画の字幕翻訳家を目指していたことがあった。と言っても勉強したのは、ほんの数か月。字幕翻訳の学校にも通いながら勉強したが、とても自分などができる仕事ではないと気付き、すぐに諦めてしまった。

その時分に買ったのが、DHCが発行していた「完全字幕シリーズ」の本だ。DHCというと、今ではすっかり化粧品やサプリメントの会社として知られている。しかし実はDHCというのは、なんと「大学翻訳センター」の略なのである。知らなかったでしょ。元々この会社は、大学の研究室相手に翻訳をしてあげていた会社なのである。なんで化粧品やサプリメントに手を出したのかは知りませんけどねえ…(笑)

で、今でも翻訳事業は細々と続けているようで、この「完全字幕シリーズ」もその一環なのだろう。このシリーズには、洋画の脚本が丸ごと載っていて、その日本語対訳、それに映画の字幕が掲載されているのだ。映画で生きた英語を勉強しようというわけですね。

私は、その中の『めぐりあう時間たち』(原題 ”The Hours”)という本を買ってみた。ニコール・キッドマン、ジュリアン・ムーア、メリル・ストリープという豪華な出演陣で、たまたま私はDVDも持っていた。正直、観ていても全然ハッピーな気分になる映画ではないのだが、こういう文芸色が濃くてダークな映画に浸りたい気分だったのかもしれない。

で、読み進んでいくうちに、私はこの本の中に誤りを見つけてしまった。物語の中盤で、メリル・ストリープ演じる女性がパーティで皆にふるまう食べ物を準備するシーンがある。そのとき彼女がキッチンで聴いている音楽が、R.シュトラウスの『四つの最後の歌』の3曲目、「眠りにつくとき」”Beim Schlafengehen”である。

この箇所について脚本中では、”one of Strauss’s last songs”とある。ところがDHCの対訳では、それは「シュトラウスの晩年の作品群の1曲」とあり、なんと作曲家は「ヨハン・シュトラウス」と説明されているではないか(!)

長年クラシック音楽を聴いてきた私は、「えっ、マジ?」と笑ってしまった。この間違いは是非、正してあげなければいけないとおせっかいながら思ったのである。ましてや『四つの最後の歌』は私も大好きな作品だ。このまま放っておくわけにはいかない気分になった。

では参考までに、そのときDHCに送った訂正依頼メールをご紹介しよう。人様の昔の間違いをネットでさらすのはどうかという気もするけれど、R.シュトラウス好きな方には、ちょっとは楽しんでいただけるのではないかと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はじめまして。
貴社の完全字幕シリーズ『めぐりあう時間たち』を先日購入した者です。
私は、最近になって字幕翻訳の勉強を始めたこともあり、楽しく拝読しております。
しかし、本書の一部に誤りを見つけましたので、念のためご報告します。

172 ページのシナリオ原文5行目に 'one of Strauss's last songs' とあり、
対訳では「シュトラウスの晩年の作品群の1曲」、チェックポイントの2. では作曲家が
「ヨハン・シュトラウス」と説明されています。
しかし、ここでいう 'one of Strauss's last songs' とは『Richard Strauss
(リヒャルト・シュトラウス)のFour Last Songs(四つの最後の歌)の中の1曲』です。
『四つの最後の歌』という作品の3曲目が使われています。

ちなみに英訳歌詞の中には
'Now all my senses want to sink themselves in slumber.
And the soul unwatched, would soar in free flight'

とあります。どことなく死の影が漂う歌詞を持つこの曲が選ばれているのも、
意味があることなのでしょう。
 
エンドクレジットには作曲者と曲名が明記されていますから、クラシック音楽に
詳しくなくても、この曲に興味を抱いた人に対しては、いずれ露見する誤りです。
インターネットで調べれば簡単に分かることだと思うのですが……。試しにアマゾン
のサイトで、 'jessye norman strauss' と入力して検索してみましたが、すぐに見つかりました。
今回のケースは、'Strauss' と見て「ああ、知ってる知ってる、あのワルツ王でしょ」
と早合点したとしか思えません。

蛇足ですが、クラシック音楽の世界でシュトラウスと言えば、リヒャルトのほうが
遥かにメジャーで、良く演奏されます。ヨハンのほうは、ニューイヤーコンサートなどの、
華やかな雰囲気が求められる「お祭り」で演奏されることが多い人です。

いずれにせよ、このような誤りを見ると、よく調べないで憶測で処理された箇所が
他にもあるのではないかと、その本全体に疑いを持ちながら接することになります。

以上、一翻訳家志望の長~い苦情でした。
今後も、この完全字幕シリーズに期待しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この後、DHCからは再版の際に訂正する旨、丁寧なお礼のメールをもらった。訂正された新しい版を確認はしていないけれど、ちゃんと正しい説明になったのは、いいことだと思う。リヒャルトとヨハン、ふたりのシュトラウスさんのためにもなったのではないだろうか(笑)

正直、この誤りには、やむをえない部分もあるとは思う。普通、世間に「シュトラウスって作曲家、知ってますか?」と尋ねたら、仮に知っていたとしても、ほとんどの人は「ヨハン・シュトラウス」と答えるだろう(そして、同じ名前の父子2人がいることは知らない)。かくいう私だって、リヒャルトのほうのシュトラウスの名を知ったのは、ちゃんとクラシック音楽を聴き始めた後のことだったし。

さて、最後に「私的R.シュトラウス・ベスト3」を挙げておこう。

1 『四つの最後の歌』
2 『メタモルフォーゼン』
3 『ドン・ファン』

『ツァラトゥストラ』も『死と変容』も捨てがたいけれど。無理矢理3つ選ぶならこれかな。

[PR]
by raccocin | 2015-10-18 16:37 | 音楽とオーディオが好き

パーヴォ&N響のコンサートへ マーラー/交響曲第2番「復活」を聴く

◎マーラー/交響曲第2番「復活」
エリン・ウォール(Sop)/リリ・パーシキヴィ(Alt)/東京音楽大学(Cho)/パーヴォ・ヤルヴィ指揮/NHK交響楽団
NHKホール
2015年10月4日

オーケストラによるコンサートは本当に久しぶり。ブログに綴った「コンサート歴」を遡ってみると、どうやら2005年秋に聴いたエンニオ・モリコーネ&ローマシンフォニー以来の生オーケストラ鑑賞らしい。ちょうど10年ぶりである。いやはや、随分とごぶさたしてしまったものだ。

初めに告白しておくと、私は長いこと、日本のオーケストラというものを信用していなかった。過去に日本のオーケストラを真面目に聴いた体験といったら、1991年に行われた大友直人&東京シティ・フィルハーモニックのコンサート、それから98年に発売されたデュトワ&N響によるCD、「プロコフィエフ/『ロメオとジュリエット』抜粋ほか」、この2つだけである。

正直なところ、それらは私になんら強い印象を残さなかったので、「日本のオケなんてこんなものか」という、今思うと大変失礼かつ浅はかな考えを持つに至ってしまったのだ。

中学生のときに洋楽ロックを聴き始めた私は、その後もクラシック、ジャズと聴く音楽の幅を広げていったけれど、基本的に西洋人が演奏する音楽ばかり聴いてきた。もちろん、例えば小澤征爾、内田光子、ヨーヨー・マ、チョン・キョンファなど、東洋人の音楽家たちも聴いてはきたが、彼らは指揮者や独奏者だ。オーケストラについては相変わらず西洋のものばかり聴いていたというのが実態である。

そんな私が、なぜ今回、N響のコンサートに出かけたのか。その理由は、ツイッターで指揮者のパーヴォ・ヤルヴィ氏をフォローしたところ、すぐにフォローバックしてくれたからだ。まあ実際には、ツイッターのアカウント管理などはマネージャーさんがしているのかもしれない。しかし、クラシック音楽家のアカウントからフォローされたのが初めてだったのもあって、結構嬉しかった。それで気分を良くした私は、「ではお礼にコンサート参りでも」となったのだ。我ながら、ものすごく単純である(笑)

さて、肝心の演奏についてだ。NHKホールに来ること自体が、97年のベルリン国立歌劇場による『ヴァルキューレ』以来で、私自身まだ2回目である。このホールはテレビで見ていると少し冷たい感じも受けるが、実際には思ったよりも暖かみがあったし綺麗だった。私が座ったのは1階席の最後列、中央やや右に位置する席である。

オーケストラは現代的配置ではなく、通常右側に来る低弦群を客席から見て左側に置いていた。弦楽器は左から第一ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、第二ヴァイオリン。コントラバスは第一ヴァイオリンとチェロの背後に横一列に並んでいる。

さて、いよいよパーヴォが舞台に現れ、演奏が始まった。出だしからして、弦楽器が厚く暖かみのある音を聴かせてくれる。
ところで我が家のリビングには、LINN MAJIK DS-I とPIEGA Premium 3.2からなるオーディオシステムがあって、私は普段からそれなりのクオリティの音を聴いていると思っていたけれど、ステージから届けられるこの暖かく柔らかい響きは、やはり素晴らしい。あらためて生音の気持ちよさを実感した。

音と言えば、ここで断っておきたいのは、私にとってN響の生演奏は初めてだし、NHKホールにしてもオーケストラがステージに載った状態の音を聴くのは初めてなので、どこまでがホールの音で、どこからがオケの音なのか、まったくわからないということである。あくまでも、この日の私の耳にきこえた響きを感じたままに書いているのでご了承いただきたい。

ヴァイオリンはどちらかというと、すっきりとして歯切れが良い。この日の演奏は全体的に、ティンパニやシンバルなどの打楽器、それにトランペットなど金管楽器の華やかなアクセントが明快で、それが弦楽器の明晰な響きと相まってメリハリの効いたダイナミズムにつながっていた。

ところで、演奏を聴き進むうち、初めに感じた音の厚みや暖かみというものにもすぐに慣れてしまい、トゥッティなどはもう少し厚みがあってもいいのに、などと思い始めてしまう。実際、この日のN響はピラミッドバランスというよりも、もう少しフラットなバランスの音をきかせていた。良く言えば、すっきりとして垢抜けたサウンドだが、ここぞというときの低弦群の支えには、もっと堅固なものを求めたい気がした。

とはいえ、全体的に弦楽器の技術はかなり高い。私は欧米のオーケストラの来日公演も聴いてきたけれど(わずか20回弱…)、それらと比べても遜色はないだろう。むろんウィーンフィルだとか、「超」がつくような一流どころと比べたら負けてしまうが、私が聴いた海外オーケストラの弦楽器の平均的実力が、この日のN響よりも格段に優れていたとは決して思わない。

特筆すべきは中くらいの音量で弦楽器を歌わせる部分で、まるで氷の上を滑るような美しくしなやかなフレージングは、カラヤン・レガートならぬ「パーヴォ・レガート」と呼びたくなるくらいだった。

一方、管楽器については、もっと表情の豊かさが欲しかったというのが正直な感想である。こんなところでも日本人は、個の力量を発揮できる管楽器よりも、集団でやる弦楽器のほうが得意なのだろうかと妙なことを想像してしまう。マーラーの音楽は、管楽器がソロイスティックな技巧を披露できる聴かせどころをふんだんに用意しているけれど、N響の管楽器奏者たち、特に木管楽器の奏者たちは、どこか控えめに演奏しているようにきこえてしまった。

これは指揮者のパーヴォが、あえてそうしたバランスでやらせているのかもしれないが、やや物足りない。その点、私の愛聴盤であるパーンスタイン&ニューヨークフィルハーモニックの87年ライヴ録音では、管楽器が実にニュアンス豊かに歌っていて、とてもカラフルで生き生きした印象を与えるのだ。

また、バーンスタイン盤では天国的なまでに美しい第四楽章の冒頭も、このコンビがきかせる響きはどことなく現世的で、いまひとつ恍惚感に乏しい。トランペットの量感自体はたっぷりしているのだが、なにか楽天的なところがあり、祈りに満ちた厳粛さを感じさせてくれないのだ。

しかし終楽章の設計は入念で、長大なこの楽章を緩みなくダイナミックに演奏しきった。合唱にはやはり一層の厳粛な表情を求めたいが、音大の学生がやっていることを考えたら満足すべきなのだろう。そして何と言っても、パーヴォとオーケストラは、最初から最後まで引き締まったアンサンブルを保って、このスペクタキュラーな交響曲を一気呵成にきかせてくれた。

正直に言うと、それほど精神性の深い演奏とは思わない。しかし音楽の外枠をしっかり提示し、基本的にインテンポで流れを重視したその演奏は大変スマートな印象を与える。反面、第二ヴァイオリンやヴィオラといった内声部の表情は控えめで、立体感という点ではやや不満も残る。

とはいえ、マーラーのサウンドが持っている抜群の面白さを、透明度が高く洗練された響きでドラマティックに描いてみせてくれた。私はとてもリラックスした気分で、心から演奏を楽しんだし、日本を代表するオーケストラの高い実力を今頃になって認識することもできた(遅すぎる!)。

下衆な話で申し訳ないけれど、こういう上等な音楽とサウンドをS席でも9,000円程度で楽しむことができるのだから、もっとこのコンビの演奏を聴いてみたいと思うようになった。欲を言えば、このオーケストラの本拠地が私の大好きなサントリーホールだったら、とも思う。しかし、それは無い物ねだりである。

いや、むしろ最も演奏し慣れているNHKホールでの演奏こそ、N響の実力がいかんなく発揮されるのだろう。それに、ひとつのオーケストラをその本拠地とするホールで繰り返し鑑賞するという体験自体が、ちょっと想像しただけでもすこぶる魅力的だ。それは私の音楽観にも少なからぬ影響を与えるに違いない。

私にとって、日本のオーケストラを生で聴く2回目の体験は、すばらしく有意義なものとなった。パーヴォ・ヤルヴィ氏とNHK交響楽団には感謝の一言しかない。「どんな音楽にも虚心坦懐に耳を澄ませること」、その大切さをあらためて胸に刻んだコンサートになった。

[PR]
by raccocin | 2015-10-12 11:04 | 音楽とオーディオが好き


日々の想いをつらつらと。音楽、映画、アート、コーヒー、それにワインを愛します。


by raccocin

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ

カテゴリ

全体
音楽とオーディオが好き
映画にアートにいろいろ鑑賞
本と雑誌で心の旅を
美味しいもので元気を出そう
何と言っても美容と健康
苦手なくせに外国語が好き
おしゃれ心を忘れずに
やっぱりAppleが好き
住まいとインテリアのこと
スポーツは観て楽しむもの
応援してます広島カープ
日々の雑感または身辺雑記
変な夢を記録する夢日記
見られちゃ困る職場ネタ
モノにならない楽器演奏

リンク

検索

最新のトラックバック

venuspoor.com
from venuspoor.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
マーラーが死の前年に書き..
from dezire_photo &..

以前の記事

2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
more...

ブログジャンル

音楽
日々の出来事

その他のジャンル